びわの葉温灸

びわの葉

インドや中国では、昔からびわの葉にすばらしい薬効や癒し効果があると伝えられてきました。中国ではびわの葉を「枇杷葉(びわよう)」と呼び、貴重な植物性の生薬として利用してきました。

日本では、奈良時代に中国から来た鑑真和尚によりびわの葉療法の知識が本格的に伝えられ、仏教医学のひとつとして全国に広められました。その方法は、びわの葉を火であぶり、それをこすり合わせて患部を撫でるというやり方だったようです。

びわの葉温灸に期待できる効果

血流をよくする効果

びわの葉温灸では太い棒灸を使用しますので、広範囲に身体の深部にまで温灸の熱が浸透します。それにより血液の流れが良くなり、自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

鎮痛効果

びわの葉に含まれる有効成分としては、アミグダリンが有名です。 このアミグダリンが温灸の熱により分解されることで、鎮痛効果が期待できるといわれています。

血液を浄化する効果

びわの葉には、酸性に傾いた血液を弱アルカリに戻す力があるといわれています。血液は本来弱アルカリ性ですが、偏った食生活・過労・精神的ストレスなどにより酸性に傾きがちです。この汚れた酸性血液はあらゆる病気の原因となります。

びわの葉温灸と鍼による経絡治療を併用すると、相乗効果により血流効果や鎮痛効果がより一層実感できると思います。