過敏性腸症候群の治療例

過敏性腸症候群の治療例
過敏性腸症候群の治療例
2020.03.22

 過敏性腸症候群

  40代 男性

 半年くらい前から、食後に腹痛が起こることがよくある。腹痛の後、下痢になり1日に5~6回排便する。日によっては便意をもよおすが出ないこともある。調子が悪くなり下痢になると何日か続くことが多い。病院で調べてもらったら、過敏性腸症候群だろうと言われた。

 本人は「このようになった原因は精神的なストレスだと思う。」
 週1回のペースで治療を開始。治療2回目、「下痢でない状態が1週間続いている。今までこのように長く続くことはなかった。」 治療3回目、「下痢でない状態が続いている。特にこの2~3日は調子がいい。便に血が混じることもなくなった。」 治療4回目、「下痢でない状態がまだ続いている。しかし、今日は下腹部が少し重い感じがある。」
 治療5~8回目は、10日に1度 の治療間隔 にしたが、「下痢になることもなく、おなかの調子も安定している。たまに、少し便がゆるいことがある程度」その後、 治療間隔 を2週間に1度にしたが、「おなかの調子はずっといい状態が続いている。」

 身体全体の調子もかなりいいので、治療間隔を少しあけて4週間として継続治療中です。

関連記事

難病等のその他疾患全身性エリテマトーデス (SLE)
 全身性エリテマトーデスは、本来は細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が、何らかの原因で自分の細胞に対する抗体をつくってしまい、自分で自分を攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。1万人に1人くら...
消化器疾患過敏性腸症候群について
 過敏性腸症候群はお腹の痛みや不快感に下痢や便秘が伴う疾患で、男性では腹痛やお腹の不快感を伴う下痢型が、女性では便秘型になることが多いようです。国内においては10人に1人程度発症する病気で、消化器系で病院に訪れ...
難病等のその他疾患頭痛について
 一般的に“頭痛持ち”と呼ばれる人の頭痛は、同じような頭痛が繰り返し起きることから「慢性頭痛」といわれています。その代表的なタイプとして「片頭痛」や「緊張型頭痛」があります。  「片頭痛」は、脳の血管が拡張し、...
代謝内分秘系疾患糖尿病について
 糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。日本では95%以上の糖尿病患者さんが2型糖尿病です。  2型糖尿病は、遺伝因子と“食べすぎ”“運動不足”“ストレス”といった生活習慣によってインスリンの働きが悪くなり、血液中 ...
治療例耳の症例 (ブログ掲載記事)
知りたい低体温から病気に!
理想的な体温は脇の下で測定して36.5度です。これぐらい体温があれば脳や内臓の深部体温は37度少々を保つことができるので、体内の酵素は活発に働き、免疫力や代謝は正常に働くようです。 しかし、体温が36度に満た...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)