過敏性腸症候群の治療例 : 東京 恵比寿 サルビア鍼灸院

過敏性腸症候群の治療例 : 東京 恵比寿 サルビア鍼灸院
過敏性腸症候群の治療例
2020.03.22

 過敏性腸症候群  40代 男性

 半年くらい前から、食後に腹痛が起こることがよくある。腹痛の後、下痢になり1日に5~6回排便する。日によっては便意をもよおすが出ないこともある。調子が悪くなり下痢になると何日か続くことが多い。病院で調べてもらったら、過敏性腸症候群だろうと言われた。

 本人は「このようになった原因は精神的なストレスだと思う。」

 週1回のペースで治療を開始。治療2回目、「下痢でない状態が1週間続いている。今までこのように長く続くことはなかった。」 治療3回目、「下痢でない状態が続いている。特にこの2~3日は調子がいい。便に血が混じることもなくなった。」 治療4回目、「下痢でない状態がまだ続いている。しかし、今日は下腹部が少し重い感じがある。」
 治療5~8回目は、10日に1度 の治療間隔 にしたが、「下痢になることもなく、おなかの調子も安定している。たまに、少し便がゆるいことがある程度」その後、 治療間隔 を2週間に1度にしたが、「おなかの調子はずっといい状態が続いている。」

 身体全体の調子もかなりいいので、治療間隔を少しあけて4週間として継続治療中です。

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

関連記事

治療例耳の症例 : サルビア鍼灸院
脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)  人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。その結果、五臓...
消化器疾患潰瘍性大腸炎について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
 潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患のひとつで、 大腸の粘膜に炎症が起きることにより、 びらんや潰瘍ができる原因不明の慢性の疾患です。 主な症状としては、下痢や血便・腹痛・発熱・貧血などがあります。 厚生労働省から難病...
難病等のその他疾患頭痛 : サルビア鍼灸院(恵比寿の鍼灸院)
 一般的に“頭痛持ち”と呼ばれる人の頭痛は、同じような頭痛が繰り返し起きることから「慢性頭痛」といわれています。その代表的なタイプとして「片頭痛」や「緊張型頭痛」があります。  「片頭痛」は、脳の血管が拡張し、...
消化器疾患クローン病について  : サルビア鍼灸院
 クローン病は口から肛門までの全消化管に炎症が起こる可能性がある病気で、主に小腸と大腸に炎症が生じることが多く、点々と離れた部位にハレやタダレ(びらん・潰瘍)が生じます。腸管の軸に沿った縦に長い潰瘍ができや...
口内炎の治療例口内炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
口内炎、舌の痺れ  60代 男性  歯並びを矯正するためにマウスピースをしていたので、口内炎はできやすかった。仕事でのストレスからか約一ヶ月前から口内炎が激しくなり、口の中全体が熱っぽく痛みがあり、舌も痺れてい...
知りたい低体温から病気に!
理想的な体温は脇の下で測定して36.5度です。これぐらい体温があれば脳や内臓の深部体温は37度少々を保つことができるので、体内の酵素は活発に働き、免疫力や代謝は正常に働くようです。 しかし、体温が36度に満た...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)