過敏性腸症候群の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院

過敏性腸症候群の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
過敏性腸症候群の治療例
2020.03.22

 過敏性腸症候群  40代 男性

 半年くらい前から、食後に腹痛が起こることがよくある。腹痛の後、下痢になり1日に5~6回排便する。日によっては便意をもよおすが出ないこともある。調子が悪くなり下痢になると何日か続くことが多い。病院で調べてもらったら、過敏性腸症候群だろうと言われた。

 本人は「このようになった原因は精神的なストレスだと思う。」

 週1回のペースで治療を開始。治療2回目、「下痢でない状態が1週間続いている。今までこのように長く続くことはなかった。」 治療3回目、「下痢でない状態が続いている。特にこの2~3日は調子がいい。便に血が混じることもなくなった。」 治療4回目、「下痢でない状態がまだ続いている。しかし、今日は下腹部が少し重い感じがある。」
 治療5~8回目は、10日に1度 の治療間隔 にしたが、「下痢になることもなく、おなかの調子も安定している。たまに、少し便がゆるいことがある程度」その後、 治療間隔 を2週間に1度にしたが、「おなかの調子はずっといい状態が続いている。」

 身体全体の調子もかなりいいので、治療間隔を少しあけて4週間として継続治療中です。

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

関連記事

お知らせ自己免疫疾患
 ヒトの体には、外界の病原体や異物から身を守るシステムとして“免疫”が備わっています。通常は自分の体の成分(自己)に対して免疫反応は起こりません。  しかし、免疫システムが正常に働かなくなると、自分自身の細胞や...
眼科、耳鼻咽喉疾患緑内障について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明することもあります。 日本では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位となっています。  症状は、少しず...
難病等のその他疾患全身性エリテマトーデス (SLE)  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 全身性エリテマトーデスは、本来は細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が、何らかの原因で自分の細胞に対する抗体をつくってしまい、自分で自分を攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。1万人に1人くら...
消化器疾患下痢について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
下痢の主な原因としては以下のようなものがあります。 1「ストレス」・「暴飲暴食」・「冷え」による下痢  ストレスや暴飲暴食や冷えによって、自律神経のバランスが崩れ、腸の動きが過剰に活発になります。その結果、便...
神経系疾患自律神経について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 自律神経は、交感神経と副交感神経という二つの神経からなっています。体の活動時や昼間に優位になるのが交感神経です。安静時や夜に優位になるのが副交感神経で、身体を休めます。自律神経は、循環器・消化器・呼吸器な...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管狭窄症について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
 耳管狭窄症は、耳管が閉じっぱなしになり、必要な時に開かない病気です。こうなると、中耳の中と外で圧力に差が生まれます。電車や車でトンネルに入った時や飛行機が離着陸する際、耳がキーンと詰まったような感じになっ...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)