過敏性腸症候群の治療例

過敏性腸症候群の治療例
過敏性腸症候群の治療例
2020.03.22

 過敏性腸症候群

  40代 男性

 半年くらい前から、食後に腹痛が起こることがよくある。腹痛の後、下痢になり1日に5~6回排便する。日によっては便意をもよおすが出ないこともある。調子が悪くなり下痢になると何日か続くことが多い。病院で調べてもらったら、過敏性腸症候群だろうと言われた。

 本人は「このようになった原因は精神的なストレスだと思う。」
 週1回のペースで治療を開始。治療2回目、「下痢でない状態が1週間続いている。今までこのように長く続くことはなかった。」 治療3回目、「下痢でない状態が続いている。特にこの2~3日は調子がいい。便に血が混じることもなくなった。」 治療4回目、「下痢でない状態がまだ続いている。しかし、今日は下腹部が少し重い感じがある。」
 治療5~8回目は、10日に1度 の治療間隔 にしたが、「下痢になることもなく、おなかの調子も安定している。たまに、少し便がゆるいことがある程度」その後、 治療間隔 を2週間に1度にしたが、「おなかの調子はずっといい状態が続いている。」

 身体全体の調子もかなりいいので、治療間隔を少しあけて4週間として継続治療中です。

関連記事

消化器疾患逆流性食道炎について
 逆流性食道炎とは、強酸性の胃酸や胃内容物が胃から食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症を引きおこす疾患です。以前は高齢者に多い病気とされていましたが、最近は年齢に関係なく増えています。  食道内に胃内容物が...
難病等のその他疾患関節リウマチについて
 関節リウマチは、おもに関節の内側にある滑膜に腫れや痛み、こわばりなどの炎症を起こし、それが続くと関節の変形をきたす病気です。原因はまだわかっていませんが、遺伝的な体質に環境要因が重なり、免疫に異常が生じて...
ぎっくり腰の治療例ぎっくり腰の治療例
ぎっくり腰   32歳 男性 (往診)  「朝から激痛のため上半身を起こすことすらできず、横になったままで食事も取っている。」とのことでした。 腎経・脾経の虚を補い膀胱経の実を瀉す本治法と腰背部と足への標治法を...
婦人科疾患不妊治療について
鍼灸による健康法・治療法は、仁術として紀元前より行われており、 医学の古典にも三陰交穴が婦人病や男女生殖器疾患の改善に極めて著効のあることが明記されています。 最近では、高度不妊治療を行う専門病院の中でも鍼灸...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管開放症について
 耳管開放症は、普段閉じている中耳(鼓膜の裏側)と鼻の奥の上咽頭をつなぐ耳管が開きっぱなしになる病気です。  長さ3.5センチほどの細い管の耳管は、中耳内と外気の気圧差を調節する働きをします。 エレベーターや...
うつ病の治療例うつ病の症例から

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)