逆子の治療例

逆子の治療例
逆子の治療例
2019.05.06

  30歳  女性

 妊娠34週の検診で胎児が横位であることがわかり、その翌日、来院されました。今回は第3子目の出産で、1子目は帝王切開、2子目は自然分娩だったそうです。帝王切開、自然分娩、両方を経験されていて自然分娩の方が断然身体が楽だったので、できるだけ帝王切開を避けたいとのことでした。

 計2回の治療で依然横位ではあったのですが、胎児はグルグル動いて向きは変わっているようです。羊水が多めでお腹が張ることから、病院で安静にするように言われ、自宅で施灸していただくことになりました。

 その後、37週の検診で頭位に戻っていることがわかり、結局、予定日より17日早く、陣痛が始まってから3時間という超安産で出産され感謝のメールをいただきました。

関連記事

逆子の治療例逆子の治療例
  27歳  女性  初産 妊娠29週目で逆子といわれ、妊娠31週目に来院されました。 1回目 鍼治療は初めてで緊張気味。お腹の胎児はよく動き、治療前と後では、お腹の形が変わっていました。 2回目 「胎児はよく...
逆子の治療例逆子の治療例
  29歳  女性  第2子目の出産 妊娠31週目で来院 妊娠28週目の時、検診でで逆子といわれる。 (この方は第1子が自然妊娠で授かったものの、第2子がなかなかできず、当院にて治療され治療5回で妊娠された方で...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)