逆子の治療例

逆子の治療例
逆子の治療例
2019.06.07

  27歳  女性

 初産
 妊娠29週目で逆子といわれ、妊娠31週目に来院されました。
 1回目
 鍼治療は初めてで緊張気味。お腹の胎児はよく動き、治療前と後では、お腹の形が変わっていました。
 2回目
 「胎児はよく動くが、足で蹴られるのでお腹が張る。」
 この後、里帰り出産をされるとのことで、自宅での施灸を続けてもらうことにして当院での治療は終了。

「2回目の治療の4日後、病院の検診で逆子が正常に戻っていました!!」とお喜びのメールをいただきました。

  29歳  女性

 第2子目の出産
 妊娠31週目で来院
 妊娠28週目の時、検診でで逆子といわれる。
 (この方は第1子が自然妊娠で授かったものの、第2子がなかなかできず、当院にて治療され治療5回で妊娠された方です。)
 1回目
 お腹全体が柔らかく、羊水が多めとのこと。上半身が熱く、特に手がものすごく熱い。
 腎水経の変動とみて治療。
 2回目
 前回の治療の後、検診があり逆子が治っていることがわかったとのご報告をいただき、安産のための治療をさせていただきました。

  30歳  女性

 妊娠34週の検診で胎児が横位であることがわかり、その翌日、来院されました。今回は第3子目の出産で、1子目は帝王切開、2子目は自然分娩だったそうです。帝王切開、自然分娩、両方を経験されていて自然分娩の方が断然身体が楽だったので、できるだけ帝王切開を避けたいとのことでした。

 計2回の治療で依然横位ではあったのですが、胎児はグルグル動いて向きは変わっているようです。羊水が多めでお腹が張ることから、病院で安静にするように言われ、自宅で施灸していただくことになりました。

 その後、37週の検診で頭位に戻っていることがわかり、結局、予定日より17日早く、陣痛が始まってから3時間という超安産で出産され感謝のメールをいただきました。

関連記事

不妊症の治療例不妊治療の患者さんの声
不妊治療  30代 女性 第2子がなかなかできず、通院を始めました。第1子は不妊治療専門の病院で治療を続け、体外受精の準備段階で自然妊娠。病院での治療は、治療そのものだけではなく、雰囲気もストレスに感じていまし...
運動器疾患ぎっくり腰について
ぎっくり腰とは急激に起こる腰痛の通称で、正式名称では急性腰痛症といいます。欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれています。重いものを持った時や急な体幹の捻転時に起こることが多く、腰や骨盤の筋肉、筋膜、...
皮膚科疾患帯状疱疹について
子どもの頃に感染した水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスが、疲れやストレスなどの影響で体の免疫力が下がったときに再び活動を始めることによって起こる病気です。 通常、体の左右どちらかの神経の流れに沿って、帯状...
潰瘍性大腸炎の治療例潰瘍性大腸炎の治療例
35歳 男性 「4~5年前から仕事が忙しく、おなかの調子がずっと悪く、下痢をしていることが多かった。病院で診察してもらったところ、潰瘍性大腸炎と診断され、処方された薬を服用したが体質と合わなかったので、断薬し...
婦人科疾患更年期障害について
女性の場合、閉経期前後になると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こるといわれています。  (男性の場合、30歳前後より精巣から...
過敏性腸症候群の治療例過敏性腸症候群の治療例
 過敏性腸症候群   40代 男性  半年くらい前から、食後に腹痛が起こることがよくある。腹痛の後、下痢になり1日に5~6回排便する。日によっては便意をもよおすが出ないこともある。調子が悪くなり下痢になると何日...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)