逆子の治療例

逆子の治療例
婦人科疾患
2019.06.07

  29歳  女性

 第2子目の出産
 妊娠31週目で来院
 妊娠28週目の時、検診でで逆子といわれる。
 (この方は第1子が自然妊娠で授かったものの、第2子がなかなかできず、当院にて治療され治療5回で妊娠された方です。)
 1回目
 お腹全体が柔らかく、羊水が多めとのこと。上半身が熱く、特に手がものすごく熱い。
 腎水経の変動とみて治療。
 2回目
 前回の治療の後、検診があり逆子が治っていることがわかったとのご報告をいただき、安産のための治療をさせていただきました。

関連記事

不妊症の治療例不妊症の治療例
 41歳  女性  あと1ヶ月半で41才というタイミングで当院にいらっしゃいました。結婚は4年前。 2年前に不妊治療専門クリニックでの治療を開始。  これまでに4回体外受精をするも一度も着床しなかったとのこと。採...
不妊症の治療例不妊症の治療例
 37歳  女性  2才の女の子をお持ちですが、第2子がなかなかできないとのことで来院されました。この方は病院での不妊治療(タイミング療法)もされています。生理周期は40日くらいで冬になると2~3ヶ月に1回に減...
婦人科疾患逆子の治療例
  27歳  女性  初産 妊娠29週目で逆子といわれ、妊娠31週目に来院されました。 1回目 鍼治療は初めてで緊張気味。お腹の胎児はよく動き、治療前と後では、お腹の形が変わっていました。 2回目 「胎児はよく...
婦人科疾患逆子治療について
逆子の状態になっている妊婦さんには以下の症状が多くみられます。  ・お腹の張りが硬くなっている  ・下半身に冷えがある  ・下半身にむくみがある このような状態になっていると、胎児の動きが悪くなり、逆子の状...
不妊症の治療例不妊治療について
鍼灸による健康法・治療法は、仁術として紀元前より行われており、 医学の古典にも三陰交穴が婦人病や男女生殖器疾患の改善に極めて著効のあることが明記されています。 最近では、高度不妊治療を行う専門病院の中でも鍼灸...
婦人科疾患更年期障害について
女性の場合、閉経期前後になると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こるといわれています。  (男性の場合、30歳前後より精巣から...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)