耳鳴りについて

耳鳴りについて
眼科、耳鼻咽喉疾患
2020.06.26

何かが聞こえるように感じる”耳鳴り””。 聞こえ方やその症状は、人によって異なりますが、原因不明の耳鳴りは非常に多いと思われます。特に、耳に問題のある人(難聴や耳管開放症とか)は、耳鳴りもある場合がよくあります。

原因不明の耳鳴りの場合、「トシだから仕方ない」とか「治療してもよくならない」と思っている人が多く、放っておくことになります。
でも放っておくと、耳が聴こえにくい状態が慢性化してしまったり、悪化したりすることもあります。その結果、耳鳴りがストレスとなり、日常生活に支障をきたすこともあります。

耳鳴りを改善するための生活習慣は?

ストレスをため込まない

好きな音楽を聞いたり、軽い運動をしたりして、身体をリラックスさせましょう。 不規則な生活や暴飲暴食などからストレスが発生してしまうこともあります。規則正しい生活を心がけることが重要です。

質の良い睡眠で疲れをとる

寝不足だと思う人は、まず睡眠時間をきちんと確保しましょう。 就寝時間が遅い人はできるだけ早く寝るようにしたり、就寝前の飲食を控えるようにしたり、寝室の環境を良くしたりして、睡眠の質を上げることを意識してみてください。 ぐっすり眠って翌朝まで疲労を持ち越さないことが大切です。

血流を良くする

耳鳴りは血流が悪くなることで引き起こされる場合もあるようです。血流を良くするために適度な運動を行ってみてください。無理なくできるウォーキングや室内でのスクワット運動などからはじめてみてください。

脉診流経絡治療

脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血液の流れが良くなっていきます。その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

高まった自然治癒力の働きにより、身体はもとの正常な状態に回復していきますので、しだいに耳の状態も良くなり、耳鳴りも起こらなくなっていきます。

耳鳴りの症例

関連記事

眼科、耳鼻咽喉疾患メニエール病について
 特徴的な症状は、突発的な回転性のめまい発作です。座っているのに、急に周りの風景がグルグル回り出したりします。そして、耳鳴りや耳の閉塞感、難聴を併発する場合もあります。これらの症状は数十分から数時間続くこと...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管開放症について
耳管開放症は、普段閉じている中耳(鼓膜の裏側)と鼻の奥の上咽頭をつなぐ耳管が開きっぱなしになる病気です。  長さ3.5センチほどの細い管の耳管は、中耳内と外気の気圧差を調節する働きをします。 エレベーターや飛...
眼科、耳鼻咽喉疾患加齢黄斑変性について
加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて視力の低下を引き起こす病気です。私たちはモノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として...
眼科、耳鼻咽喉疾患緑内障について
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明することもあります。 日本では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位となっています。  症状は、少しず...
眼科、耳鼻咽喉疾患突発性難聴について
突発性難聴は前触れもなく突然片耳(まれに両耳)の聞こえが悪くなる病気です。 難聴には大きく分けて、伝音難聴と感音難聴があります。外耳から内耳に音が伝わらなくなる伝音難聴と、内耳で音から変換された電気信号が脳に...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管狭窄症について
 耳管狭窄症は、耳管が閉じっぱなしになり、必要な時に開かない病気です。こうなると、中耳の中と外で圧力に差が生まれます。電車や車でトンネルに入った時や飛行機が離着陸する際、耳がキーンと詰まったような感じになっ...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)