耳管開放症の患者さんの声

耳管開放症の患者さんの声
患者さんの声
2019.05.14

耳管開放症  40代 女性

私の耳の調子が悪くなったのは、20代後半だったと思います。
日常は自分の呼吸が耳の奥でザーザー鳴り響き、
会話をすると呼吸が上手く出来なくなり非常に息苦しい状態になります。
一番辛かったのは首にゴムを巻いていないと会話ができない事でした。

耳鼻科の先生には、「手術は他県での大学病院でしか行っていない、 手術しても逆に耳管狭窄症になってしまう可能性もある」と言われ、この病気と一生つき合っていかなければならないのかと・・・


インターネットで何度調べても、完治しない病気という結果が分かるだけで諦めかけていました。そんな時、耳の病気が鍼灸院で治った人の話しを思い出し、インターネットで検索をしたところ、サルビア鍼灸院で耳管開放症が治った例が出ていたので、藁にもすがる思いで治療を開始しました。

治療して頂き、こんな痛みの全くない治療で私の耳は治るのか・・?と正直思いましたが、なんと2回目の治療が終わった数日後には、首にゴムを巻かないで会話が出来るようになりました。

最初の頃は週1回の治療、それから様子をみながら少しずつ治療間隔を空けて通院しました。まだ通いはじめて半年そこそこですが、3週間に1回の通院でも耳管の緩い開きはありますが、普通に会話ができる状態です。
治療間隔の日数を空けすぎると、耳管が開く症状が強くなるので、鍼灸院の治療の効果を実感しています。

首にゴムを巻かないで普通に生活出来ているなんて、
半年前の私には想像出来ない事です。

もっと早く通えば良かったと後悔しながらも、サルビア鍼灸院に出会えた事に心から感謝しています。
ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。

※ 患者さん本人の承諾の上、掲載させて頂いております。

関連記事

眼科、耳鼻咽喉疾患耳管開放症について
耳管開放症は、普段閉じている中耳(鼓膜の裏側)と鼻の奥の上咽頭をつなぐ耳管が開きっぱなしになる病気です。  長さ3.5センチほどの細い管の耳管は、中耳内と外気の気圧差を調節する働きをします。 エレベーターや飛...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管狭窄症について :サルビア鍼灸院
 耳管狭窄症は、耳管が閉じっぱなしになり、必要な時に開かない病気です。こうなると、中耳の中と外で圧力に差が生まれます。電車や車でトンネルに入った時や飛行機が離着陸する際、耳がキーンと詰まったような感じになっ...
治療例耳の症例 (ブログ掲載記事)
眼科、耳鼻咽喉疾患緑内障について :サルビア鍼灸院
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明することもあります。 日本では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位となっています。  症状は、少しず...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳鳴りについて  : サルビア鍼灸院
何かが聞こえるように感じる”耳鳴り””。 聞こえ方やその症状は、人によって異なりますが、原因不明の耳鳴りは非常に多いと思われます。特に、耳に問題のある人(難聴や耳管開放症とか)は、耳鳴りもある場合がよくあります...
眼科、耳鼻咽喉疾患緑内障の治療例
緑内障   48歳 女性  昨年の会社の健康診断で緑内障の疑いありと言われ、眼科を受診。正常眼圧緑内障と診断される。眼圧は左右とも13で、左目は視野欠損、右目は視神経陥没ありとのこと。  点眼薬を処方され、2ヶ月に...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)
               

治療について

  • サルビア鍼灸院の特徴
  • 適応症
  • 治療例
  • 問診票持参で初診料1,000円引き
  • 恵比寿サルビア鍼灸院ブログ
03-5458-6060