緑内障の治療例

緑内障の治療例
眼科、耳鼻咽喉疾患
2019.05.06

緑内障

  48歳 女性

 昨年の会社の健康診断で緑内障の疑いありと言われ、眼科を受診。正常眼圧緑内障と診断される。
眼圧は左右とも13で、左目は視野欠損、右目は視神経陥没ありとのこと。

 点眼薬を処方され、2ヶ月に1回、眼科を定期的に受診されています。

 その他、慢性的な肩こりと背中の重だるさ。

 週1回の治療を開始。 訴えのある肩こり、背中の重だるさを緩和しつつ、全身のバランスを調整する鍼灸治療を行いました。
 6回の治療が経過したところで、2ヶ月に1度の眼科検診があり、眼圧が左13→11、右13→12に改善していました。視野も正常範囲内になったとのこと。

 現在も治療継続中。

関連記事

眼科、耳鼻咽喉疾患緑内障について
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明することもあります。 日本では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位となっています。  症状は、少しず...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管開放症について
耳管開放症は、普段閉じている中耳(鼓膜の裏側)と鼻の奥の上咽頭をつなぐ耳管が開きっぱなしになる病気です。  長さ3.5センチほどの細い管の耳管は、中耳内と外気の気圧差を調節する働きをします。 エレベーターや飛...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管開放症の治療例
耳管開放症   40代 男性  1年半前、膠原病の治療でステロイド薬投与を開始した翌日から、両方の耳に耳管開放症を発症。日中はずっと耳閉感、自声強調、呼吸音が耳に響く等の典型的な症状で大変お困りでした。 前かが...
眼科、耳鼻咽喉疾患加齢黄斑変性について
加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて視力の低下を引き起こす病気です。私たちはモノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として...
治療例耳の症例 (ブログ掲載記事)
眼科、耳鼻咽喉疾患突発性難聴について
突発性難聴は前触れもなく突然片耳(まれに両耳)の聞こえが悪くなる病気です。 難聴には大きく分けて、伝音難聴と感音難聴があります。外耳から内耳に音が伝わらなくなる伝音難聴と、内耳で音から変換された電気信号が脳に...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)