緑内障の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院

緑内障の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
緑内障の治療例
2019.05.06

緑内障  48歳  女性

 昨年の会社の健康診断で緑内障の疑いありと言われ、眼科を受診。正常眼圧緑内障と診断される。
眼圧は左右とも13で、左目は視野欠損、右目は視神経陥没ありとのこと。

 点眼薬を処方され、2ヶ月に1回、眼科を定期的に受診されています。

 その他、慢性的な肩こりと背中の重だるさ。

 週1回の治療を開始。 訴えのある肩こり、背中の重だるさを緩和しつつ、全身のバランスを調整する鍼灸治療を行いました。
 6回の治療が経過したところで、2ヶ月に1度の眼科検診があり、眼圧が左13→11、右13→12に改善していました。視野も正常範囲内になったとのこと。

緑内障  49歳  女性

 昨年4月に眼底出血が2回あり、眼科で緑内障と診断される。 左目は内側下方4分の1視野欠損、右は左よりも少ないが視野欠損がある。 眼圧は始め22~23だったが、点眼薬で17になっている。
眼圧はもっと下げた方がよく、これで下がらなければもう1種類点眼薬が増えると言われている。

 鍼灸治療4回後、眼科定期検診で左目の視野欠損が少し良くなっていることがわかる。 これまでの1年間、検診に行くたびに変わっていなかったので、いつも落ち込んで帰ってきていたのだが、初めて良くなっていたので医師もびっくりしていたとのこと。

 そして、鍼灸治療8回後の眼科定期検診で眼圧が16に下がっていた。

 医師からも「調子が良いね。」と言われとてもうれしかったとのこと。とにかく、点眼薬が嫌でできるなら使いたくない。

 緑内障の症状が良くなっていることに加え、今までは頑固な肩こりをマッサージでほぐしてもらっていたのだが、その時は良いがなかなか長持ちしなかった。 それが鍼灸治療を受けるようになってから良い状態が持続している。

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

 身体のいろいろな症状が改善されていきますので、緑内障の症状も改善していきます。

関連記事

皮膚科疾患アトピー性皮膚炎について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
 アトピー性皮膚炎の主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないことが特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。  【湿疹の特徴】 ...
難病等のその他疾患ベーチェット病について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
 ベーチェット病は眼症状、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。  ベーチェット病の症状は眼症状に代表されるように、病状が悪い時期が突発的に起...
代謝内分秘系疾患痛風について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 痛風は尿酸が体の中にたまり、その尿酸が関節の中で結晶になって関節炎が起こる疾患です。  血液には一定量の尿酸が含まれています。いろいろな理由で血液中の尿酸の濃度が高くなり、7.0mg/dlを超えると高尿酸血症という...
知りたい安産の灸について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
日本ではお灸は1000年以上の歴史があり、薬の使用を避けたい妊婦さんにとって安全で信頼性の高い治療の一つです。   安産の灸は、お産や陣痛の痛みをやわらげたり、スムーズなお産で分娩所要時間を短くするなどの効果...
爪甲剥離症の治療例爪甲剥離症の治療例 : 東京都渋谷区恵比寿の鍼灸院
爪甲剥離症  34歳 男性  6ケ月位前、左手の示指から始まり両手の親指の爪も剥がれた。痛みはないが、剥離が治らない。 既往歴:特になし 治療の「証」は肝虚脾実として、10日に一度(月3回)のペースで治療を行いまし...
難病等のその他疾患全身性エリテマトーデス (SLE)  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 全身性エリテマトーデスは、本来は細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が、何らかの原因で自分の細胞に対する抗体をつくってしまい、自分で自分を攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。1万人に1人くら...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)