突発性難聴について

突発性難聴について
眼科、耳鼻咽喉疾患
2020.04.04

突発性難聴は前触れもなく突然片耳(まれに両耳)の聞こえが悪くなる病気です。

難聴には大きく分けて、伝音難聴感音難聴があります。外耳から内耳に音が伝わらなくなる伝音難聴と、内耳で音から変換された電気信号が脳にうまく伝わらなくなる感音難聴の2種類があり、突発性難聴は感音難聴の一種です。働き盛りの40~60代の人に多くみられますが、幅広い年代で起こりえます。聞こえにくさの程度は人によって違い、まったく聞こえない場合もあれば、高音だけが聞こえなくなる場合もあります。

□ 原因 □

突発性難聴の原因は不明ですが、誘発する原因として以下のものが考えられています。

・ストレス

・過労

・睡眠不足

・生活習慣病(糖尿病、心臓病など)による血流障害

・内耳部分のウイルス感染

□ 症状 □

難聴の程度は人によってさまざまで、まったく聞こえない人もいれば、高音が聞こえないが日常会話に支障がない人もいます。

難聴が主症状ですが、難聴以外に耳鳴りや耳閉感やめまいを伴うことも多くあります。

突発性難聴は再発しないことが特徴の一つですが、再発した場合にはメニエール病や聴神経腫瘍、心因性難聴などの疾患の可能性が考えられます。

□ 注意 □

発症してから約1ヵ月程度で聴力が固定してしまうため、早期発見・早期治療が何よりも重要です。

突発性難聴の脉診流経絡治療

脉診流経絡治療は身体に無理なく自然な形で突発性難聴を治癒へ導くことができます。 

脉診流経絡治療では身体の経絡のバランスを整え、全身の”気” ”血” の巡りを良くしていきます。

”気” ”血” の巡りを良くするにより体全体の血流が良くなり、弱っていた自然治癒力も高まっていきますので、身体のいろいろな症状が改善されていきます。それとともに突発性難聴の症状もなくなります。

関連記事

呼吸器疾患喘息(気管支喘息)について
 喘息は、突然の咳き込み、呼吸をするたびにヒューヒュー・ゼーゼーといった音がする、息苦しくなる、といった発作が起こります。喘息の人の気管支には慢性的な炎症が起こっており、健康な人に比べて気管支が狭くなって空...
知りたい不眠症について
長期間にわたり夜間の不眠が続き、 日中の眠気やだるさや集中力低下のために、仕事や家事がうまくいかなくなります。眠れないことで生活に支障が生じているとすれば、それは不眠症です。 不眠症は、大きく4つのタイプにわけ...
知りたい自然治癒力とは
自然治癒力とは、人間や動物などが生まれながらにして持っている力で、ケガや病気を治す力です。 かぜをひいた時や具合が悪い時には、暖かくして寝ていると大概は治ってしまいます。これは人間がもつ自然治癒力のおかげです...
知りたいめまいについて
めまいとは、自分や周囲が動いていないのに動いているように感じる異常な感覚のことで、からだのバランスを保つ機能に障害が起こると発生します。 めまいは大きくわけて、急激に起こる「回転性めまい」と慢性的に起こりやす...
消化器疾患下痢について
下痢の主な原因としては以下のようなものがあります。 1「ストレス」・「暴飲暴食」・「冷え」による下痢 ストレスや暴飲暴食や冷えによって、自律神経のバランスが崩れ、腸の動きが過剰に活発になります。その結果、便が...
婦人科疾患逆子治療について
逆子の状態になっている妊婦さんには以下の症状が多くみられます。  ・お腹の張りが硬くなっている  ・下半身に冷えがある  ・下半身にむくみがある このような状態になっていると、胎児の動きが悪くなり、逆子の状...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)