突発性難聴について

突発性難聴について
眼科、耳鼻咽喉疾患
2020.04.04

突発性難聴は前触れもなく突然片耳(まれに両耳)の聞こえが悪くなる病気です。

難聴には大きく分けて、伝音難聴感音難聴があります。外耳から内耳に音が伝わらなくなる伝音難聴と、内耳で音から変換された電気信号が脳にうまく伝わらなくなる感音難聴の2種類があり、突発性難聴は感音難聴の一種です。働き盛りの40~60代の人に多くみられますが、幅広い年代で起こりえます。聞こえにくさの程度は人によって違い、まったく聞こえない場合もあれば、高音だけが聞こえなくなる場合もあります。

□ 原因 □

突発性難聴の原因は不明ですが、誘発する原因として以下のものが考えられています。

・ストレス

・過労

・睡眠不足

・生活習慣病(糖尿病、心臓病など)による血流障害

・内耳部分のウイルス感染

□ 症状 □

難聴の程度は人によってさまざまで、まったく聞こえない人もいれば、高音が聞こえないが日常会話に支障がない人もいます。

難聴が主症状ですが、難聴以外に耳鳴りや耳閉感やめまいを伴うことも多くあります。

突発性難聴は再発しないことが特徴の一つですが、再発した場合にはメニエール病や聴神経腫瘍、心因性難聴などの疾患の可能性が考えられます。

□ 注意 □

発症してから約1ヵ月程度で聴力が固定してしまうため、早期発見・早期治療が何よりも重要です。

突発性難聴の脉診流経絡治療

脉診流経絡治療は身体に無理なく自然な形で突発性難聴を治癒へ導くことができます。 

脉診流経絡治療では身体の経絡のバランスを整え、全身の”気” ”血” の巡りを良くしていきます。

”気” ”血” の巡りを良くするにより体全体の血流が良くなり、弱っていた自然治癒力も高まっていきますので、身体のいろいろな症状が改善されていきます。それとともに突発性難聴の症状もなくなります。

関連記事

知りたいぎっくり腰について :サルビア鍼灸院
ぎっくり腰とは急激に起こる腰痛の通称で、正式名称では急性腰痛症といいます。欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれています。重いものを持った時や急な体幹の捻転時に起こることが多く、腰や骨盤の筋肉、筋膜、...
知りたいパーキンソン病について :サルビア鍼灸院
パーキンソン病は、脳の神経細胞の変性によりドーパミン(筋肉に指令を出す神経伝達物質)が減少し、体が思うように動かなくなっていく進行性の病気です。  原因は色々と研究されてますが、解明されていません。自律神経の...
知りたい全身性エリテマトーデス (SLE)について :サルビア鍼灸院
全身性エリテマトーデスは、本来は細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が、何らかの原因で自分の細胞に対する抗体をつくってしまい、自分で自分を攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。1万人に1人くらい...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管開放症の治療例
 耳管開放症、耳鳴り、難聴   40代 男性  耳管開放症の症状は子供の頃からずっとあり、耳鳴りは最近酷くなってきた。難聴は20歳の頃からずっと治らない。 耳管開放症の症状は2日に1回位の頻度で起こり、数時間続...
眼科、耳鼻咽喉疾患メニエール病について :サルビア鍼灸院
 特徴的な症状は、突発的な回転性のめまい発作です。座っているのに、急に周りの風景がグルグル回り出したりします。そして、耳鳴りや耳の閉塞感、難聴を併発する場合もあります。これらの症状は数十分から数時間続くこと...
患者さんの声耳管開放症の患者さんの声
耳管開放症  40代 女性 私の耳の調子が悪くなったのは、20代後半だったと思います。 日常は自分の呼吸が耳の奥でザーザー鳴り響き、 会話をすると呼吸が上手く出来なくなり非常に息苦しい状態になります。 一番辛かっ...

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)
               

治療について

  • サルビア鍼灸院の特徴
  • 適応症
  • 治療例
  • 問診票持参で初診料1,000円引き
  • 恵比寿サルビア鍼灸院ブログ
03-5458-6060