爪甲剥離症の治療例 : 東京都渋谷区恵比寿の鍼灸院

爪甲剥離症の治療例 : 東京都渋谷区恵比寿の鍼灸院
爪甲剥離症の治療例
2019.05.06

爪甲剥離症  34歳 男性

 6ケ月位前、左手の示指から始まり両手の親指の爪も剥がれた。痛みはないが、剥離が治らない。

既往歴:特になし 
治療の「証」は肝虚脾実として、10日に一度(月3回)のペースで治療を行いました。

治療1~2回目、「爪に変化はない。背中のコリが気になる。」とのこと。
3回目、「左手示指の爪は少し良くなっている。毎日お灸はしている。」とのこと。
5回目、「爪は全て良くなってきている。特に左手示指の爪はほとんど剥がれていないくらい。朝の背中のコリが辛い。」とのこと。
10回目、「爪は剥離がほとんどわからないくらい良くなった。」とのこと。

 初診 左手親指 初診 右手親指 初診 左手示指
爪甲剥離症 鍼灸
爪甲剥離症 鍼灸
爪甲剥離症 鍼灸
3ヶ月後 左手親指 3ヶ月後 右手親指 3ヶ月後 左手示指
爪甲剥離症 鍼灸
爪甲剥離症 鍼灸
爪甲剥離症 鍼灸

爪甲剥離症  56歳 女性

 7年前より右手第1、2指と左手第1、3指の爪が剥離してきた。他にホットフラッシュが出る。

治療1回目 肝木経と脾土経の変動とみて治療(その後も概ね肝と脾の絡みで治療)
4回目来院された頃より、左指第1指の爪の白い部分が少なくなってきた。
5回目には右第1指の爪にも改善がみられる。
7回目、他の指(右第2、左第3指の爪)も白い部分が上がってきている。
12回目、左指はかなり良い。右はもう一歩のところ。
13回目、ホットフラッシュの頻度が減った。15回目、左指の爪はほぼ完治。
17回目、左第3指は完治。第1指は98%くらい。右第1、2指は90%くらい治癒。
ホットフラッシュの出る頻度もめっきり少なくなり、体調も良好ということで治療終了。

 ●コメント●

 この方は7年前に乳がんの手術をされ、その後、6年後に再発、現在はホルモン療法をされています。
 週1回の治療が基本でしたが、間に旅行などで2~3週間治療が空くこともありました。それでも自宅でのお灸をきちんと習慣化され、食事も厳格にゲルソン療法(食事療法)を励行されています。
 大病を経験されただけに健康に対する意識も高く、こちらもお話の中からいろいろ勉強させていただきました。

 爪甲剥離症  40歳 女性

 約15年前から左右の第3、4指の爪が剥がれ、多少冬になると寛解するものの、毎年同じ状態を繰り返す。特に原因に思いあたるふしはない。
既往歴:特になし 
主に肝木経、腎水経の変動とみて、週1回の治療を行いました。

治療1~4回目 爪に変化はない。治療後、身体が温かくなって軽く感じる。「今まであまり気づかなかったが、冷えていたんだとわかった」とのこと。
5回目、「爪は少し、良くなったような気がする。」
6回目、「爪の生え際から白い部分の境目まで測ったら、以前は5ミリだったのが7ミリになっていた。」
8回目、「前回と同じように測ったら7ミリが1センチになっていた。」
完治にはあともう少しということで継続治療中。

 ●コメント●

 この方は初回から1カ月ごとに写真を撮ったのですが、どんどん良くなっているのがわかりました。
自分の爪でも案外、よく見てない方が多いのですが、このように記録すると変化が正確に把握できて患者さん、そしてこちらも治療の励みになりました。

     初診 左手指     初診 右手指
爪甲剥離症 治療
爪甲剥離症 治療
     5回目 左手指     5回目 右手指
爪甲剥離症 治療
爪甲剥離症 治療
     8回目 左手指     8回目 右手指
爪甲剥離症 治療
爪甲剥離症 治療

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

 身体のいろいろな症状が改善されていきますので、爪の症状もなくなっていきます。

関連記事

婦人科疾患逆子治療について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
逆子の状態になっている妊婦さんには以下の症状が多くみられます。  ・お腹の張りが硬くなっている  ・下半身に冷えがある  ・下半身にむくみがある このような状態になっていると、胎児の動きが悪くなり、逆子の状...
眼科、耳鼻咽喉疾患緑内障について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明することもあります。 日本では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位となっています。  症状は、少しず...
難病等のその他疾患関節リウマチについて :渋谷区恵比寿の鍼灸院
 関節リウマチは、おもに関節の内側にある滑膜に腫れや痛み、こわばりなどの炎症を起こし、それが続くと関節の変形をきたす病気です。原因はまだわかっていませんが、遺伝的な体質に環境要因が重なり、免疫に異常が生じて...
耳管開放症の治療例耳管開放症の患者さんの声 :渋谷区恵比寿の鍼灸院
耳管開放症  40代 女性 私の耳の調子が悪くなったのは、20代後半だったと思います。 日常は自分の呼吸が耳の奥でザーザー鳴り響き、会話をすると呼吸が上手く出来なくなり非常に息苦しい状態になります。一番辛かった...
呼吸器疾患喘息(気管支喘息)について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
 喘息は、突然の咳き込み、呼吸をするたびにヒューヒュー・ゼーゼーといった音がする、息苦しくなる、といった発作が起こります。喘息の人の気管支には慢性的な炎症が起こっており、健康な人に比べて気管支が狭くなって空...
皮膚科疾患帯状疱疹 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 子どもの頃に感染した水ぼうそうと同じ水痘・帯状疱疹ウイルスが、疲れやストレスなどの影響で体の免疫力が下がったときに再び活動を始めることによって起こる病気です。  多くの場合、体の一部にチクチクあるいはピリピ...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)