爪甲剥離症の治療例

爪甲剥離症の治療例
爪甲剥離症の治療例
2019.06.07

 爪甲剥離症

  40歳 女性

 約15年前から左右の第3、4指の爪が剥がれ、多少冬になると寛解するものの、毎年同じ状態を繰り返す。特に原因に思いあたるふしはない。
既往歴:特になし 
主に肝木経、腎水経の変動とみて、週1回の治療を行いました。

治療1~4回目 爪に変化はない。治療後、身体が温かくなって軽く感じる。「今まであまり気づかなかったが、冷えていたんだとわかった」とのこと。
5回目、「爪は少し、良くなったような気がする。」
6回目、「爪の生え際から白い部分の境目まで測ったら、以前は5ミリだったのが7ミリになっていた。」
8回目、「前回と同じように測ったら7ミリが1センチになっていた。」
完治にはあともう少しということで継続治療中。

 コメント

 この方は初回から1カ月ごとに写真を撮ったのですが、どんどん良くなっているのがわかりました。
自分の爪でも案外、よく見てない方が多いのですが、このように記録すると変化が正確に把握できて患者さん、そしてこちらも治療の励みになりました。

     初診 左手指     初診 右手指
爪甲剥離症 治療
爪甲剥離症 治療
     5回目 左手指     5回目 右手指
爪甲剥離症 治療
爪甲剥離症 治療
     8回目 左手指     8回目 右手指
爪甲剥離症 治療
爪甲剥離症 治療

関連記事

お知らせ頭痛について
一般的に“頭痛持ち”と呼ばれる人の頭痛は、同じような頭痛が繰り返し起きることから「慢性頭痛」といわれています。その代表的なタイプとして「片頭痛」や「緊張型頭痛」があります。 「片頭痛」は、脳の血管が拡張し、神経...
爪甲剥離症の治療例爪甲剥離症の治療例
爪甲剥離症   34歳 男性  6ケ月位前、左手の示指から始まり両手の親指の爪も剥がれた。痛みはないが、剥離が治らない。 既往歴:特になし 治療の「証」は肝虚脾実として、10日に一度(月3回)のペースで治療を行いまし...
知りたいパーキンソン病について
パーキンソン病は、脳の神経細胞の変性によりドーパミン(筋肉に指令を出す神経伝達物質)が減少し、体が思うように動かなくなっていく進行性の病気です。  原因は色々と研究されてますが、解明されていません。自律神経の...
慢性疲労症候群の治療例慢性疲労症候群の治療例
慢性疲労症候群 逆流性食道炎   50代 男性  「約6ヶ月前から疲れがとれなくなり全身がだるい状態が続いている。毎日の倦怠感が辛い。」と来院されました。 10年以上前から逆流性食道炎があり、半年位前からタンが多...
爪甲剥離症の治療例爪甲剥離症について
爪甲剥離症とは、爪が白色や黄色になり爪先から中心にかけて皮膚から離れてしまう症状です。 女性で悩まれている方の多い「二枚爪」も爪甲剥離症の一種と考えられています。  爪甲剥離症の原因としては、様々なものが挙げ...
知りたい全身性エリテマトーデス (SLE)について
全身性エリテマトーデスは、本来は細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が、何らかの原因で自分の細胞に対する抗体をつくってしまい、自分で自分を攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。1万人に1人くらい...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)