潰瘍性大腸炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院

潰瘍性大腸炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
潰瘍性大腸炎の治療例
2020.07.21

潰瘍性大腸炎  35歳 男性

「4~5年前から仕事が忙しく、おなかの調子がずっと悪く、下痢をしていることが多かった。病院で診察してもらったところ、潰瘍性大腸炎と診断され、処方された薬を服用したが体質と合わなかったので、断薬しました。」

「最近特に調子が悪く、症状が酷くなっている。」とのことです。

主訴の潰瘍性大腸炎以外では、「年に1~2回ぎっくり腰のような激しい腰痛になるのと、花粉症があります。」

「便はやわらかいことが多く、おなかが張ることもよくあり、たまに鈍痛があります。漢方薬を服用しなければ、排便回数が1日5回位になりますが、服用すると1日2回におさまっています。」

治療1回目は、脾経の虚を補い、肝経の実を抑える証で治療しました。以後は週1回のペースで治療を継続することになりました。

2回目来院時には、「この1週間おなかが張ることもなく、少しいいような気がする。」

9回目来院時には、「おなかが張ることはたまにあるが、調子はわりといい状態が続いている。」

10回目来院時には、「おなかの調子は悪くないが、腰が少し痛む。」

12回目来院時には、「腰痛は治った。おなかの調子も悪くない。」

13回目来院時には、「今年は花粉症の症状が全く出ない。鍼治療のおかげなのかもしれない。」

20回目来院時には、「おなかはたまにゴロゴロするが、回数は減っているような気がする。」

25回目来院時には、「おなかの調子はいい状態がずっと続いている。」

完治を目指して継続治療中です。

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

 身体のいろいろな症状が改善されていきますので、潰瘍性大腸炎の症状も起こらなくなります。

関連記事

神経系疾患自律神経失調症について : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる様々な症状の総称のことです。  人が活動する時には、交感神経が優位になり、脈拍や呼吸数の増加、体温の上昇などが...
呼吸器疾患喘息(気管支喘息) :恵比寿の鍼灸院
 喘息は、突然の咳き込み、呼吸をするたびにヒューヒュー・ゼーゼーといった音がする、息苦しくなる、といった発作が起こります。喘息の人の気管支には慢性的な炎症が起こっており、健康な人に比べて気管支が狭くなって空...
口内炎の治療例口内炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
口内炎、舌の痺れ  60代 男性  歯並びを矯正するためにマウスピースをしていたので、口内炎はできやすかった。仕事でのストレスからか約一ヶ月前から口内炎が激しくなり、口の中全体が熱っぽく痛みがあり、舌も痺れてい...
眼科、耳鼻咽喉疾患加齢黄斑変性について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
加齢黄斑変性とは、モノを見るときに重要なはたらきをする黄斑という組織が、加齢とともにダメージを受けて視力の低下を引き起こす病気です。私たちはモノを見るときに、目の中に入ってきた光を網膜という組織で刺激として...
眼科、耳鼻咽喉疾患突発性難聴
突発性難聴は前触れもなく突然片耳(まれに両耳)の聞こえが悪くなる病気です。 難聴には大きく分けて、伝音難聴と感音難聴があります。外耳から内耳に音が伝わらなくなる伝音難聴と、内耳で音から変換された電気信号が脳に...
運動器疾患寝違えについて : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
朝起きると首が回らなくなっていることがあります。どうして寝違えという状態が起こってしまうのか、ということについてはさまざまな説があり、はっきりとした原因はわかっていません。睡眠中不自然な姿勢が続いたために一...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)