潰瘍性大腸炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院

潰瘍性大腸炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
潰瘍性大腸炎の治療例
2020.07.21

潰瘍性大腸炎  35歳 男性

「4~5年前から仕事が忙しく、おなかの調子がずっと悪く、下痢をしていることが多かった。病院で診察してもらったところ、潰瘍性大腸炎と診断され、処方された薬を服用したが体質と合わなかったので、断薬しました。」

「最近特に調子が悪く、症状が酷くなっている。」とのことです。

主訴の潰瘍性大腸炎以外では、「年に1~2回ぎっくり腰のような激しい腰痛になるのと、花粉症があります。」

「便はやわらかいことが多く、おなかが張ることもよくあり、たまに鈍痛があります。漢方薬を服用しなければ、排便回数が1日5回位になりますが、服用すると1日2回におさまっています。」

治療1回目は、脾経の虚を補い、肝経の実を抑える証で治療しました。以後は週1回のペースで治療を継続することになりました。

2回目来院時には、「この1週間おなかが張ることもなく、少しいいような気がする。」

9回目来院時には、「おなかが張ることはたまにあるが、調子はわりといい状態が続いている。」

10回目来院時には、「おなかの調子は悪くないが、腰が少し痛む。」

12回目来院時には、「腰痛は治った。おなかの調子も悪くない。」

13回目来院時には、「今年は花粉症の症状が全く出ない。鍼治療のおかげなのかもしれない。」

20回目来院時には、「おなかはたまにゴロゴロするが、回数は減っているような気がする。」

25回目来院時には、「おなかの調子はいい状態がずっと続いている。」

完治を目指して継続治療中です。

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

 身体のいろいろな症状が改善されていきますので、潰瘍性大腸炎の症状も起こらなくなります。

関連記事

めまいの治療例めまいの治療例  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
めまい 湿疹  40代 女性  「今週、めまいで2日間会社を休んで寝ていました。朝が一番つらく、なかなか起き上がれない。一度マッサージに行ったら、目がまわって歩けなくなり、タクシーで帰りました。鍼がいいと聞いた...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管開放症について : 東京都渋谷区恵比寿の鍼灸院
 耳管開放症は、普段閉じている中耳(鼓膜の裏側)と鼻の奥の上咽頭をつなぐ耳管が開きっぱなしになる病気です。  長さ3.5センチほどの細い管の耳管は、中耳内と外気の気圧差を調節する働きをします。 エレベーターや...
代謝内分秘系疾患痛風について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 痛風は尿酸が体の中にたまり、その尿酸が関節の中で結晶になって関節炎が起こる疾患です。  血液には一定量の尿酸が含まれています。いろいろな理由で血液中の尿酸の濃度が高くなり、7.0mg/dlを超えると高尿酸血症という...
運動器疾患ぎっくり腰について : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
ぎっくり腰とは急激に起こる腰痛の通称で、正式名称では急性腰痛症といいます。欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれています。重いものを持った時や急な体幹の捻転時に起こることが多く、腰や骨盤の筋肉、筋膜、...
神経系疾患不眠症について : サルビア鍼灸院(恵比寿)
 長期間にわたり夜間の不眠が続き、 日中の眠気やだるさや集中力低下のために、仕事や家事がうまくいかなくなります。眠れないことで生活に支障が生じているとすれば、それは不眠症です。 不眠症は、大きく4つのタイプにわ...
ぎっくり腰の治療例ぎっくり腰の治療例  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
ぎっくり腰  38歳 男性 (出張往診)  昨日から腰が痛くなり、立っていることも座っていることもできず、横になっているとのことでした。 即効性のある子午治療、肝経の虚を補う本治法と腰背部と足への標治法を行いま...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)