潰瘍性大腸炎の治療例

潰瘍性大腸炎の治療例
潰瘍性大腸炎の治療例
2020.07.21

35歳 男性

「4~5年前から仕事が忙しく、おなかの調子がずっと悪く、下痢をしていることが多かった。病院で診察してもらったところ、潰瘍性大腸炎と診断され、処方された薬を服用したが体質と合わなかったので、断薬しました。」

「最近特に調子が悪く、症状が酷くなっている。」とのことです。

主訴の潰瘍性大腸炎以外では、「年に1~2回ぎっくり腰のような激しい腰痛になるのと、花粉症があります。」

「便はやわらかいことが多く、おなかが張ることもよくあり、たまに鈍痛があります。漢方薬を服用しなければ、排便回数が1日5回位になりますが、服用すると1日2回におさまっています。」

治療1回目は、脾経の虚を補い、肝経の実を抑える証で治療しました。以後は週1回のペースで治療を継続することになりました。

2回目来院時には、「この1週間おなかが張ることもなく、少しいいような気がする。」

9回目来院時には、「おなかが張ることはたまにあるが、調子はわりといい状態が続いている。」

10回目来院時には、「おなかの調子は悪くないが、腰が少し痛む。」

12回目来院時には、「腰痛は治った。おなかの調子も悪くない。」

13回目来院時には、「今年は花粉症の症状が全く出ない。鍼治療のおかげなのかもしれない。」

20回目来院時には、「おなかはたまにゴロゴロするが、回数は減っているような気がする。」

25回目来院時には、「おなかの調子はいい状態がずっと続いている。」

完治を目指して継続治療中です。

関連記事

難病等のその他疾患ベーチェット病について
 ベーチェット病は眼症状、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。  ベーチェット病の症状は眼症状に代表されるように、病状が悪い時期が突発的に起...
生殖、泌尿器系疾患頻尿について
 一般的には、朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を「昼間頻尿」、夜中の排尿回数が1回以上ある場合を「夜間頻尿」といいます。 頻尿の原因 1 過活動膀胱  過活動膀胱の代表的な症状は、尿意が急にきてしま...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管狭窄症について
 耳管狭窄症は、耳管が閉じっぱなしになり、必要な時に開かない病気です。こうなると、中耳の中と外で圧力に差が生まれます。電車や車でトンネルに入った時や飛行機が離着陸する際、耳がキーンと詰まったような感じになっ...
神経系疾患めまい
 めまいとは、自分や周囲が動いていないのに動いているように感じる異常な感覚のことで、からだのバランスを保つ機能に障害が起こると発生します。 めまいは大きくわけて、急激に起こる「回転性めまい」と慢性的に起こりや...
爪甲剥離症の治療例爪甲剥離症の治療例
爪甲剥離症   34歳 男性  6ケ月位前、左手の示指から始まり両手の親指の爪も剥がれた。痛みはないが、剥離が治らない。 既往歴:特になし 治療の「証」は肝虚脾実として、10日に一度(月3回)のペースで治療を行いまし...
お知らせびわの葉温灸で難病を癒やす
どのような難病に効果があるのか? びわの葉温灸はガンをはじめ難病の痛みをとります。 神経痛や五十肩には即効性の鎮痛効果があります。 慢性疾患に効果を発揮します。 慢性疲労症候群、気管支喘息、間質性肺炎、高血圧、...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)