潰瘍性大腸炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院

潰瘍性大腸炎の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
潰瘍性大腸炎の治療例
2020.07.21

潰瘍性大腸炎  35歳 男性

「4~5年前から仕事が忙しく、おなかの調子がずっと悪く、下痢をしていることが多かった。病院で診察してもらったところ、潰瘍性大腸炎と診断され、処方された薬を服用したが体質と合わなかったので、断薬しました。」

「最近特に調子が悪く、症状が酷くなっている。」とのことです。

主訴の潰瘍性大腸炎以外では、「年に1~2回ぎっくり腰のような激しい腰痛になるのと、花粉症があります。」

「便はやわらかいことが多く、おなかが張ることもよくあり、たまに鈍痛があります。漢方薬を服用しなければ、排便回数が1日5回位になりますが、服用すると1日2回におさまっています。」

治療1回目は、脾経の虚を補い、肝経の実を抑える証で治療しました。以後は週1回のペースで治療を継続することになりました。

2回目来院時には、「この1週間おなかが張ることもなく、少しいいような気がする。」

9回目来院時には、「おなかが張ることはたまにあるが、調子はわりといい状態が続いている。」

10回目来院時には、「おなかの調子は悪くないが、腰が少し痛む。」

12回目来院時には、「腰痛は治った。おなかの調子も悪くない。」

13回目来院時には、「今年は花粉症の症状が全く出ない。鍼治療のおかげなのかもしれない。」

20回目来院時には、「おなかはたまにゴロゴロするが、回数は減っているような気がする。」

25回目来院時には、「おなかの調子はいい状態がずっと続いている。」

完治を目指して継続治療中です。

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

 身体のいろいろな症状が改善されていきますので、潰瘍性大腸炎の症状も起こらなくなります。

関連記事

不妊症の治療例不妊症の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
不妊症  41歳  女性  あと1ヶ月半で41才というタイミングで当院にいらっしゃいました。結婚は4年前。 2年前に不妊治療専門クリニックでの治療を開始。  これまでに4回体外受精をするも一度も着床しなかったとの...
生殖、泌尿器系疾患前立腺肥大症について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 前立腺は直腸と恥骨の間にあり、膀胱の出口で尿道を取り囲んでいます。このため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて、排尿に関わるいろいろな症状がでてきます。健康なときには、無意識に済ませている排尿がスムーズに...
婦人科疾患更年期障害について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
女性の場合、閉経期前後になると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こるといわれています。  (男性の場合、30歳前後より精巣から...
過敏性腸症候群の治療例過敏性腸症候群の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 過敏性腸症候群  40代 男性  半年くらい前から、食後に腹痛が起こることがよくある。腹痛の後、下痢になり1日に5~6回排便する。日によっては便意をもよおすが出ないこともある。調子が悪くなり下痢になると何日か...
爪甲剥離症の治療例爪甲剥離症の治療例 : 東京都渋谷区恵比寿の鍼灸院
爪甲剥離症  34歳 男性  6ケ月位前、左手の示指から始まり両手の親指の爪も剥がれた。痛みはないが、剥離が治らない。 既往歴:特になし 治療の「証」は肝虚脾実として、10日に一度(月3回)のペースで治療を行いまし...
難病等のその他疾患ベーチェット病について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
 ベーチェット病は眼症状、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。  ベーチェット病の症状は眼症状に代表されるように、病状が悪い時期が突発的に起...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)