慢性疲労症候群の治療例  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院

慢性疲労症候群の治療例  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
慢性疲労症候群の治療例
2019.05.06

慢性疲労症候群 逆流性食道炎  50代 男性

 「約6ヶ月前から疲れがとれなくなり全身がだるい状態が続いている。毎日の倦怠感が辛い。」と来院されました。
 10年以上前から逆流性食道炎があり、半年位前からタンが多くでるようになっています。2週間位前から食後におなかが張ってガスがよく出るようになった。病院では過敏性大腸炎と診断されています。また、中途覚醒があり、夜中に目が覚めてしまいその後なかなか寝つけない毎日です。
 慢性疲労の原因を調べるために様々な検査を受診したが、特に悪いところはなかったそうです。
勤務場所の関係で月2~3回位しか来院できないが、継続しての治療を希望されました。

 初回は腎虚脾実の証で治療しました。
 2回目来院時は、「前回治療した夜は朝までぐっすり眠れた。その後はまた元に戻ってしまい中途覚醒になった。おなかは張るが便秘ではなくなった。」
 3回目来院時は、「朝までぐっすり眠れるようになった。タンがよくでる。」
 9回目来院時は、「おなかの張る感じは少し良くなってきた。少し食欲もでてきた。」

 服用している薬を止めるようにアドバイスしたり、食事量を減らすこととかプチ断食とかを実践してもらいました。

 26回目の頃には、声に少し力がでてきている感じで「運動しよう。」という気力も湧いてきていました。「タンの量が少し減ってきている。」
 31回目来院時は、「食後のおなかの張りはかなり減ってきた。」
 43回目来院時は、「おなかの張る感じはほとんどなくなった。」
 47回目来院時は、「タンはあまり出なくなった。食事がおいしく食べれるようになった。」
 48回目来院時は、「疲れにくくなってきた。」
 49回目来院時は、「疲れにくく体調は良い。」

 50回目以降は、倦怠感もなく体調が良い状態が続いています。体調管理として継続治療中です。

脉診流経絡治療 : サルビア鍼灸院(恵比寿)

 人間の身体には12の経絡があります。脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、全身の血流が良くなっていきます。
その結果、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

 自然治癒力が弱まっているとなかなか身体の不具合は修復されませんが、自然治癒力が高まってくると身体の不具合は修復され、健康な身体に近づいていきます。

 身体のいろいろな症状が改善されていきますので、慢性疲労症候群の症状もなくなっていきます。

関連記事

代謝内分秘系疾患橋本病 (慢性甲状腺炎) について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
 橋本病は甲状腺に慢性の炎症が起きている病気で、慢性甲状腺炎ともいいます。橋本病は女性の割合が多く、男女比は約1対20~30と言われています。  橋本病の原因は自己免疫の異常です。しかし、自己免疫の異常がどのよう...
逆子の治療例逆子の治療例 : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
逆子  30歳  女性  妊娠34週の検診で胎児が横位であることがわかり、その翌日、来院されました。今回は第3子目の出産で、1子目は帝王切開、2子目は自然分娩だったそうです。帝王切開、自然分娩、両方を経験されて...
お知らせ自己免疫疾患
 ヒトの体には、外界の病原体や異物から身を守るシステムとして“免疫”が備わっています。通常は自分の体の成分(自己)に対して免疫反応は起こりません。  しかし、免疫システムが正常に働かなくなると、自分自身の細胞や...
婦人科疾患更年期障害について  : 渋谷区恵比寿の鍼灸院
女性の場合、閉経期前後になると卵巣機能が低下し、卵巣から分泌される女性ホルモンの一つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の量が減少することにより起こるといわれています。  (男性の場合、30歳前後より精巣から...
眼科、耳鼻咽喉疾患副鼻腔炎について :渋谷区恵比寿の鍼灸院
鼻腔(鼻の穴の中)の周りには「副鼻腔」と呼ばれる4つの空間(上顎洞・篩骨洞・前頭洞・蝶形骨洞)があります。 風邪などにより副鼻腔に炎症が起きている状態を副鼻腔炎といいます。炎症によって、副鼻腔に入った鼻水や膿...
知りたい低体温から病気に!
理想的な体温は脇の下で測定して36.5度です。これぐらい体温があれば脳や内臓の深部体温は37度少々を保つことができるので、体内の酵素は活発に働き、免疫力や代謝は正常に働くようです。 しかし、体温が36度に満た...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)