慢性疲労症候群の治療例

慢性疲労症候群の治療例
慢性疲労症候群の治療例
2019.05.06

慢性疲労症候群 逆流性食道炎

  50代 男性

 「約6ヶ月前から疲れがとれなくなり全身がだるい状態が続いている。毎日の倦怠感が辛い。」と来院されました。
 10年以上前から逆流性食道炎があり、半年位前からタンが多くでるようになっています。2週間位前から食後におなかが張ってガスがよく出るようになった。病院では過敏性大腸炎と診断されています。また、中途覚醒があり、夜中に目が覚めてしまいその後なかなか寝つけない毎日です。
 慢性疲労の原因を調べるために様々な検査を受診したが、特に悪いところはなかったそうです。
勤務場所の関係で月2~3回位しか来院できないが、継続しての治療を希望されました。

 初回は腎虚脾実の証で治療しました。
 2回目来院時は、「前回治療した夜は朝までぐっすり眠れた。その後はまた元に戻ってしまい中途覚醒になった。おなかは張るが便秘ではなくなった。」
 3回目来院時は、「朝までぐっすり眠れるようになった。タンがよくでる。」
 9回目来院時は、「おなかの張る感じは少し良くなってきた。少し食欲もでてきた。」

 服用している薬を止めるようにアドバイスしたり、食事量を減らすこととかプチ断食とかを実践してもらいました。

 26回目の頃には、声に少し力がでてきている感じで「運動しよう。」という気力も湧いてきていました。「タンの量が少し減ってきている。」
 31回目来院時は、「食後のおなかの張りはかなり減ってきた。」
 43回目来院時は、「おなかの張る感じはほとんどなくなった。」
 47回目来院時は、「タンはあまり出なくなった。食事がおいしく食べれるようになった。」
 48回目来院時は、「疲れにくくなってきた。」
 49回目来院時は、「疲れにくく体調は良い。」

 50回目以降は、倦怠感もなく体調が良い状態が続いています。体調管理として継続治療中です。

関連記事

三叉神経痛の治療例三叉神経痛の治療例
三叉神経痛   30代 男性   「病院で三叉神経痛といわれたが、痛み止めの薬をくれるだけで、何も治療はしてもらえない。夜睡眠中に顔面右側に激痛がでて目が覚めてしまう。鍼でなんとかしてほしい。」と来院されました...
お知らせ自己免疫疾患について
 ヒトの体には、外界の病原体や異物から身を守るシステムとして“免疫”が備わっています。通常は自分の体の成分(自己)に対して免疫反応は起こりません。  しかし、免疫システムが正常に働かなくなると、自分自身の細胞や...
神経系疾患うつ病について
1 感情面 - 気分の落ち込み  ゆううつ感やイライラ感、不安感、焦燥感などが主です。 2 意欲面 - 意欲・気力がなくなる  心に起きてくる症状で顕著なのが、「意欲がなくなる」ことです。  すべてがおっくうに...
神経系疾患うつ病の方へ
代謝内分秘系疾患糖尿病について
 糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。日本では95%以上の糖尿病患者さんが2型糖尿病です。  2型糖尿病は、遺伝因子と“食べすぎ”“運動不足”“ストレス”といった生活習慣によってインスリンの働きが悪くなり、血液中 ...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳鳴りについて
 何かが聞こえるように感じる”耳鳴り” 聞こえ方やその症状は、人によって異なりますが、原因不明の耳鳴りは非常に多いと思われます。特に、耳に問題のある人(難聴や耳管開放症とか)は、耳鳴りもある場合がよくあります...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)