寝違えについて

寝違えについて
知りたい
2019.05.03

朝起きると首が回らなくなっていることがあります。どうして寝違えという状態が起こってしまうのか、ということについてはさまざまな説があり、はっきりとした原因はわかっていません。
睡眠中不自然な姿勢が続いたために一部の筋肉が血流不足になっている、前日などにスポーツや労働をして首の筋肉が痙攣している、頸椎の椎間関節の関節包に炎症が起こっている、などの原因が考えられています。
上肢の使い過ぎ、同じ姿勢の持続(飲酒後の睡眠や疲れ果てての睡眠などでは寝返りが少なくなる・パソコンや事務作業が長時間に及ぶ)等が原因の場合が多いと思われます。

首を寝違えたときは
痛みのある方向に無理に動かすなどの動作は避けたほうがいいでしょう。できるだけ首に負荷がかからないように、首コルセット(首サポーター)をして安静にしているのが一番です。

 寝違えの脉診流経絡治療

 脉診流経絡治療は、寝違えの症状を身体に無理なく早く緩和する治療法の一つです。

 脉診流経絡治療では身体の経絡のバランスを整え、”気”の巡りを良くしていきます。”気”の滞りが少なくなってくると、血流が良くなります。その結果、自然治癒力が高まり、寝違えの症状も改善されていきます。

関連記事

爪甲剥離症の治療例爪甲剥離症について
爪甲剥離症とは、爪が白色や黄色になり爪先から中心にかけて皮膚から離れてしまう症状です。 女性で悩まれている方の多い「二枚爪」も爪甲剥離症の一種と考えられています。  爪甲剥離症の原因としては、様々なものが挙げ...
ぎっくり腰の治療例ぎっくり腰の治療例
 ぎっくり腰   38歳 男性 (往診)  昨日から腰が痛くなり、立っていることも座っていることもできず、横になっているとのことでした。 即効性のある子午治療、肝経の虚を補う本治法と腰背部と足への標治法を行いま...
生殖、泌尿器系疾患前立腺肥大症について
前立腺は直腸と恥骨の間にあり、膀胱の出口で尿道を取り囲んでいます。このため、前立腺が肥大すると尿道が圧迫されて、排尿に関わるいろいろな症状がでてきます。健康なときには、無意識に済ませている排尿がスムーズにい...
眼科、耳鼻咽喉疾患耳管狭窄症について
 耳管狭窄症は、耳管が閉じっぱなしになり、必要な時に開かない病気です。こうなると、中耳の中と外で圧力に差が生まれます。電車や車でトンネルに入った時や飛行機が離着陸する際、耳がキーンと詰まったような感じになっ...
知りたい自律神経について
 自律神経は、交感神経と副交感神経という二つの神経からなっています。体の活動時や昼間に優位になるのが交感神経です。安静時や夜に優位になるのが副交感神経で、身体を休めます。自律神経は、循環器・消化器・呼吸器な...
消化器疾患クローン病について
クローン病は口から肛門までの全消化管に炎症が起こる可能性がある病気で、主に小腸と大腸に炎症が生じることが多く、点々と離れた部位にハレやタダレ(びらん・潰瘍)が生じます。腸管の軸に沿った縦に長い潰瘍ができやす...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)