寝違えについて :サルビア鍼灸院

寝違えについて :サルビア鍼灸院
知りたい
2019.05.03

朝起きると首が回らなくなっていることがあります。どうして寝違えという状態が起こってしまうのか、ということについてはさまざまな説があり、はっきりとした原因はわかっていません。
睡眠中不自然な姿勢が続いたために一部の筋肉が血流不足になっている、前日などにスポーツや労働をして首の筋肉が痙攣している、頸椎の椎間関節の関節包に炎症が起こっている、などの原因が考えられています。
上肢の使い過ぎ、同じ姿勢の持続(飲酒後の睡眠や疲れ果てての睡眠などでは寝返りが少なくなる・パソコンや事務作業が長時間に及ぶ)等が原因の場合が多いと思われます。

首を寝違えたときは
痛みのある方向に無理に動かすなどの動作は避けたほうがいいでしょう。できるだけ首に負荷がかからないように、首コルセット(首サポーター)をして安静にしているのが一番です。

 寝違えの脉診流経絡治療

 脉診流経絡治療は、寝違えの症状を身体に無理なく早く緩和する治療法の一つです。

 脉診流経絡治療では身体の経絡のバランスを整え、”気”の巡りを良くしていきます。”気”の滞りが少なくなってくると、血流が良くなります。その結果、自然治癒力が高まり、寝違えの症状も改善されていきます。

関連記事

代謝内分秘系疾患糖尿病について :サルビア鍼灸院
糖尿病には1型糖尿病と2型糖尿病があります。日本では95%以上の糖尿病患者さんが2型糖尿病です。 2型糖尿病は、遺伝因子と“食べすぎ”“運動不足”“ストレス”といった生活習慣によってインスリンの働きが悪くなり、血液中を流 ...
知りたいベーチェット病について :サルビア鍼灸院
ベーチェット病は眼症状、口腔粘膜のアフタ性潰瘍、外陰部潰瘍、皮膚症状の4つの症状を主症状とする慢性再発性の全身性炎症性疾患です。 ベーチェット病の症状は眼症状に代表されるように、病状が悪い時期が突発的に起こり...
ぎっくり腰の治療例ぎっくり腰の治療例
 ぎっくり腰   38歳 男性 (往診)  昨日から腰が痛くなり、立っていることも座っていることもできず、横になっているとのことでした。 即効性のある子午治療、肝経の虚を補う本治法と腰背部と足への標治法を行いま...
呼吸器疾患間質性肺炎について :サルビア鍼灸院
間質性肺炎は、肺の間質に炎症があり、息切れや咳が主な症状です。多くは原因が不明で、原因が分からないタイプを特発性間質性肺炎といいます。 通常、肺炎といった場合には気管支もしくは肺胞の炎症であり、細菌やウィルス...
消化器疾患逆流性食道炎について :サルビア鍼灸院
 逆流性食道炎とは、強酸性の胃酸や胃内容物が胃から食道に逆流することで、食道の粘膜に炎症を引きおこす疾患です。以前は高齢者に多い病気とされていましたが、最近は年齢に関係なく増えています。  食道内に胃内容物が...
婦人科疾患安産の灸について :サルビア鍼灸院
日本ではお灸は1000年以上の歴史があり、薬の使用を避けたい妊婦さんにとって安全で信頼性の高い治療の一つです。   安産の灸は、お産や陣痛の痛みをやわらげたり、スムーズなお産で分娩所要時間を短くするなどの効果...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)
               

治療について

  • サルビア鍼灸院の特徴
  • 適応症
  • 治療例
  • 問診票持参で初診料1,000円引き
  • 恵比寿サルビア鍼灸院ブログ
03-5458-6060