坐骨神経痛の治療例

坐骨神経痛の治療例
坐骨神経痛の治療例
2019.06.07

 坐骨神経痛

  70代 女性 (往診)

 2日前、右臀部にズシンとするような痛みが走り起き上がれなくなってしまった。元々腰痛があり、数年に一度このような状態になり、その都度整体院などに行っていたが、今回は家の中を歩くのもままならないほどひどい。トイレにも這うようにして行っているとのこと。
 1回目の治療は肝経の虚を補い、奇経治療として「申脈」「後谿」、「照海」「列缺」の組合せで施灸。

 同様の治療を3回行ったところ「大分楽になりました。立ってトイレにも行けるし、お風呂にも入りました。」と言われ、表情も明るく、すっかり身なりを整え、最初にお伺いした時とは見違えるほどになっていらっしゃいました。

 その後、健康維持の目的も兼ねて週2回のペースで治療を行い、何と職場復帰!(週2日電車で通勤されているのです。)されました。現在は臀部の痛みがわずかに残るものの「これ以上悪くしないためにも・・・」と週1回定期的に治療を受けられています。

関連記事

知りたい 自律神経について
 自律神経は、交感神経と副交感神経という二つの神経からなっています。体の活動時や昼間に優位になるのが交感神経です。安静時や夜に優位になるのが副交感神経で、身体を休めます。自律神経は、循環器・消化器・呼吸器な...
うつ病の治療例 うつ病の症例(ブログ記事)
52歳の女性 不眠、動悸、手足のしびれ、食欲不振、午前中の気持ち悪さ、肩こり、腰痛 当院を受診される約1年前から更年期症状(ホットフラッシュ、気分の落ち込みなど)があった。そしてそんな時期、会社の人間ドックで...
知りたい うつ病について
1 感情面 - 気分の落ち込み  ゆううつ感やイライラ感、不安感、焦燥感などが主です。 2 意欲面 - 意欲・気力がなくなる  心に起きてくる症状で顕著なのが、「意欲がなくなる」ことです。  すべてがおっくうに...
知りたい 自律神経失調症について
自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる様々な症状の総称のことです。 人が活動する時には、交感神経が優位になり、脈拍や呼吸数の増加、体温の上昇などが起こ...
めまいの治療例 めまいの治療例
めまい   40代 女性  「今週、めまいで2日間会社を休んで寝ていました。朝が一番つらく、なかなか起き上がれない。一度マッサージに行ったら、目がまわって歩けなくなり、タクシーで帰りました。鍼がいいと聞いたので...
うつ病の治療例 うつ症状の症例から(ブログ記事)
私自身もそして患者さんもミラクルな体験だったので記録しておきます。 50代前半の女性。 来院される2ヶ月ほど前からうつ症状、不安感、緊張感、全身倦怠感、頸、背中の痛み、便秘、食欲ない。夜間の途中覚醒でそれから...

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)

治療について

  • サルビア鍼灸院の特徴
  • 適応症
  • 治療例
  • 問診票持参で初診料1,000円引き
  • 恵比寿サルビア鍼灸院ブログ
03-5458-6060