口内炎の治療例

口内炎の治療例
口内炎の治療例
2019.05.06

口内炎、舌の痺れ

  60代 男性


 歯並びを矯正するためにマウスピースをしていたので、口内炎はできやすかった。仕事でのストレスからか約一ヶ月前から口内炎が激しくなり、口の中全体が熱っぽく痛みがあり、舌も痺れていて食事もしづらい。いまはマウスピースもできない状態。

 初回は腎虚脾実の証で治療。直後は「口内炎の痛みが少し和らいだ。」とのことでした。
 2回目(2日後)に来院された時には「舌の痺れはまだ少しあるが、口内炎の痛みはなくなり、食事も普通にできるようになった。」
 3回目(4日後)の来院時には「舌の痺れもなくなり、口の中はかなり良い状態になり、ほぼ完治した。」とのことで治療は終了しました。

関連記事

皮膚科疾患 アトピー性皮膚炎について
アトピー性皮膚炎の主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、良くなったり悪くなったりを繰り返し、なかなか治らないことが特徴です。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断します。 【湿疹の特徴】 1 ...
皮膚科疾患 逆子の治療例
  29歳  女性  第2子目の出産 妊娠31週目で来院 妊娠28週目の時、検診でで逆子といわれる。 (この方は第1子が自然妊娠で授かったものの、第2子がなかなかできず、当院にて治療され治療5回で妊娠された方で...

ご予約・ご相談はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)

治療について

  • サルビア鍼灸院の特徴
  • 適応症
  • 治療例
  • 問診票持参で初診料1,000円引き
  • 恵比寿サルビア鍼灸院ブログ
03-5458-6060