免疫を調整する自律神経

免疫を調整する自律神経
お知らせ
2021.02.23

 私たちの体には病気から体を守る免疫というシステムが備わっています。免疫がいつも体外の侵入者(細菌やウイルス)や体内の異物から体を守ってくれているおかげで、病気を未然に防ぎ、また病気になっても治癒し、健康に過ごすことができます。

 その免疫を調整しているのが自律神経なのです。

 自律神経は、全身の血管や内臓などの体の内部の働きを人間の意思に関係なく自律してコントロールしています。自律神経には対照的に働く交感神経と副交感神経の2つの神経があります。片方が優位に働くともう片方は控えめに働き、シーソーのような拮抗関係にあります。

 交感神経は主に昼間活動しているときに優位に働く神経です。緊張したり興奮したりしているときに働き、神経の末端からはアドレナリンを分泌します。

 副交感神経は夜休息するときや食事のとき、笑っているときなど寛いでいるときに優位に働く神経です。神経の末端からはアセチルコリンを分泌します。

 両者の神経は、末端から分泌しているアドレナリン、アセチルコリンによって司令を行い、組織を刺激し、体温や血流などのエネルギー生成までも調整しています。

 もちろん、その司令は免疫を直接的に担っている血液中の白血球にも伝わります。白血球の中の顆粒球はアドレナリン受容体、リンパ球はアセチルコリン受容体を持ち、自律神経の司令により働いています。

    関連記事

    お知らせステロイド剤について
     ステロイド剤は1950年以降、まず関節リウマチに用いられ始め、その後は自己免疫疾患やアレルギー性疾患などに、魔法の薬であるかのように使われるようになりました。 それは、”痛み””熱””腫れ”などのつらい症状をステ...
    お知らせ自己免疫疾患について
     ヒトの体には、外界の病原体や異物から身を守るシステムとして“免疫”が備わっています。通常は自分の体の成分(自己)に対して免疫反応は起こりません。  しかし、免疫システムが正常に働かなくなると、自分自身の細胞や...
    お知らせびわの葉温灸で難病を癒やす
    どのような難病に効果があるのか? びわの葉温灸はガンをはじめ難病の痛みをとります。 神経痛や五十肩には即効性の鎮痛効果があります。 慢性疾患に効果を発揮します。 慢性疲労症候群、気管支喘息、間質性肺炎、高血圧、...

    ご予約はこちらから

    ご予約・ご相談はこちらから
    0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)