低体温から病気に!

低体温から病気に!
知りたい
2020.10.28

理想的な体温は脇の下で測定して36.5度です。これぐらい体温があれば脳や内臓の深部体温は37度少々を保つことができるので、体内の酵素は活発に働き、免疫力や代謝は正常に働くようです。

しかし、体温が36度に満たない低体温の人の体の中では、消火酵素や代謝酵素の働きが弱まっています。消化の働きが悪いため、食べたものをうまく消化できません。

新陳代謝が悪くなり、汗もあまりかかなくなります。よって、体内の有害物質や老廃物を汗から排出しにくくなります。

また、血流が悪くなり、体の末端まで血液が行きとどきにくくなります。その結果、白血球が不十分となり免疫力が低下し、赤血球が不十分となり酸素が不足気味になります。

このように体温が低いと、体内の酵素、代謝、免疫力が低下してしまいます。低体温は万病の元です。

因みに、がん細胞が増殖しやすい温度は35度台で、がん細胞は39.9度以上の熱で死滅するといわれています。

それでは低体温になってしまう原因は何なのでしょうか。やはり一番はストレスだと思われます。過度なストレスにより自律神経のバランスが乱れ、体温を保とうとする働きがうまくできなくなってしまうからでしょう。

関連記事

知りたい自然治癒力とは
自然治癒力とは、人間や動物などが生まれながらにして持っている力で、ケガや病気を治す力です。 かぜをひいた時や具合が悪い時には、暖かくして寝ていると大概は治ってしまいます。これは人間がもつ自然治癒力のおかげです...
知りたい安産の灸について
日本ではお灸は1000年以上の歴史があり、薬の使用を避けたい妊婦さんにとって安全で信頼性の高い治療の一つです。   安産の灸は、お産や陣痛の痛みをやわらげたり、スムーズなお産で分娩所要時間を短くするなどの効果...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)