三叉神経痛の治療例

三叉神経痛の治療例
三叉神経痛の治療例
2019.05.06

三叉神経痛

  30代 男性

  「病院で三叉神経痛といわれたが、痛み止めの薬をくれるだけで、何も治療はしてもらえない。夜睡眠中に顔面右側に激痛がでて目が覚めてしまう。鍼でなんとかしてほしい。」と来院されました。
 この日は腎経の虚を補い胆経・胃経の実を瀉す本治法と頚部と背中への標治法と手足への奇経治療を行いました。

 3日後に来院された時は、「前回以降、三叉神経痛は一度も出ていない。肩のこりもかなり楽になっている。」と喜んで話してくれました。
 3回目に来院された時も、「三叉神経痛はずっと出ておらず、かなりいい調子。」とのこと。
 三叉神経痛の他に、肩や腰のこりもかなりあるので、その後、週1回のペースで治療を継続しています。

関連記事

知りたい安産の灸について
日本ではお灸は1000年以上の歴史があり、薬の使用を避けたい妊婦さんにとって安全で信頼性の高い治療の一つです。   安産の灸は、お産や陣痛の痛みをやわらげたり、スムーズなお産で分娩所要時間を短くするなどの効果...
眼科、耳鼻咽喉疾患緑内障について
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明することもあります。 日本では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位となっています。  症状は、少しず...
坐骨神経痛の治療例坐骨神経痛の治療例
坐骨神経痛   39歳 男性 (往診)  「数日前から腰の調子が悪かったので、昨日整体院でマッサージをうけたのだが、今朝から右足が痛くて動かせなくなってしまった。今の体勢から動くことができず、トイレにもいけない...
うつ病の治療例うつ病の症例
不妊症の治療例不妊症の治療例
 44歳  女性  結婚されて18年、初診でいらっしゃった時は43歳でした。38歳から不妊治療を開始。最初はタイミング療法から始め段階を踏んで昨年より体外受精を試みる。これまで15回採卵するも卵がうまく育たずなかなか...
眼科、耳鼻咽喉疾患アレルギー性鼻炎
アレルギー性鼻炎とは、空気中に浮遊する花粉やハウスダストなどの原因物質(アレルゲン)を吸い込み、鼻の粘膜から体内に入ったアレルゲンを排除しようとする反応が過剰に起こるアレルギー反応(※)です。 おもに鼻水・鼻...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)