三叉神経痛の治療例

三叉神経痛の治療例
三叉神経痛の治療例
2019.05.06

三叉神経痛

  30代 男性

  「病院で三叉神経痛といわれたが、痛み止めの薬をくれるだけで、何も治療はしてもらえない。夜睡眠中に顔面右側に激痛がでて目が覚めてしまう。鍼でなんとかしてほしい。」と来院されました。
 この日は腎経の虚を補い胆経・胃経の実を瀉す本治法と頚部と背中への標治法と手足への奇経治療を行いました。

 3日後に来院された時は、「前回以降、三叉神経痛は一度も出ていない。肩のこりもかなり楽になっている。」と喜んで話してくれました。
 3回目に来院された時も、「三叉神経痛はずっと出ておらず、かなりいい調子。」とのこと。
 三叉神経痛の他に、肩や腰のこりもかなりあるので、その後、週1回のペースで治療を継続しています。

関連記事

うつ病の治療例うつ病の症例から
知りたい自律神経について
 自律神経は、交感神経と副交感神経という二つの神経からなっています。体の活動時や昼間に優位になるのが交感神経です。安静時や夜に優位になるのが副交感神経で、身体を休めます。自律神経は、循環器・消化器・呼吸器な...
知りたい不眠症について
長期間にわたり夜間の不眠が続き、 日中の眠気やだるさや集中力低下のために、仕事や家事がうまくいかなくなります。眠れないことで生活に支障が生じているとすれば、それは不眠症です。 不眠症は、大きく4つのタイプにわけ...
知りたい自律神経失調症について
自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる様々な症状の総称のことです。 人が活動する時には、交感神経が優位になり、脈拍や呼吸数の増加、体温の上昇などが起こ...
知りたいパニック障害について
パニック障害とは、突然原因不明の激しい不安に見舞われ、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといったパニック発作が起こる病気です。発作が継続する時間は人それぞれで、数十分続く人もいれば、比較的短い時...
坐骨神経痛の治療例坐骨神経痛について
坐骨神経痛は下肢神経痛の中で最も代表的な神経痛です。坐骨神経に放散する神経痛のことで、 腰部から大腿部後面・下肢にかけての疼痛のほかに、しばしば痺れ(シビレ)や脱力感がでることがあります。  主な原因とし...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)