ジストニアについて

ジストニアについて
難病等のその他疾患
2019.12.19

ジストニアとは、筋肉の緊張の異常によって様々な不随意運動や姿勢の異常が生じる状態をいいます。

ジストニアには、全身の筋肉が異常に動いてしまう全身性ジストニアと、局所のみの筋緊張の異常による局所ジストニアに大別されます。

全身性ジストニアでは身体が捻じ曲がったり、反り返ったりするなどの姿勢の異常などが見られます。

局所ジストニアには、目のまわりの筋肉が異常収縮して目が開けられなくなる眼瞼けいれん、首の筋肉の異常によって首が曲がってしまう斜頸、字を書くときに手がこわばる書痙、楽器を演奏するときに指や手首が曲がったり、伸びたり、こわばったりする音楽家ジストニアなどがあります。

このような手に発症するジストニアは、繰り返し同じ動作を長期間行いつづけることで発症します。

■特徴としては、

・異常運動・異常姿勢の症状は常に一定であること

・一定の動作において強く見られること

・症状を改善させる決まった動作がある

原因のわからない特発性ジストニアが大半を占めますが、

・脳卒中や脳炎などの後遺症として起こる二次性ジストニア

・薬剤の影響で起こる遅発性ジストニア

・遺伝子異常によって起こる遺伝性ジストニア

もあります。

脉診流経絡治療

脉診流経絡治療では経絡のバランスを整えることにより、”気””血”の巡りが良くなり、五臓六腑の働きが改善し、弱っていた自然治癒力や免疫力が高まっていきます。

高まった自然治癒力の働きにより、身体はもとの状態に回復していきます。

関連記事

難病等のその他疾患全身性エリテマトーデス (SLE)について
全身性エリテマトーデスは、本来は細菌やウイルスなどの外敵から身を守るための免疫系が、何らかの原因で自分の細胞に対する抗体をつくってしまい、自分で自分を攻撃してしまう病気(自己免疫疾患)です。1万人に1人くらい...
難病等のその他疾患パーキンソン病について
パーキンソン病は、脳の神経細胞の変性によりドーパミン(筋肉に指令を出す神経伝達物質)が減少し、体が思うように動かなくなっていく進行性の病気です。  原因は色々と研究されてますが、解明されていません。自律神経の...
難病等のその他疾患慢性疲労症候群について
慢性疲労症候群という病気をご存知でしょうか?いわゆる普通の慢性疲労とは違い、原因の分からない極度の疲労感が長期間続く病気です。身体を動かせないほどの疲労が6か月以上の長期間にわたって続き、日常生活に支障をきた...
難病等のその他疾患関節リウマチについて
関節リウマチは、おもに関節の内側にある滑膜に腫れや痛み、こわばりなどの炎症を起こし、それが続くと関節の変形をきたす病気です。原因はまだわかっていませんが、遺伝的な体質に環境要因が重なり、免疫に異常が生じて起...
難病等のその他疾患頭痛について
一般的に“頭痛持ち”と呼ばれる人の頭痛は、同じような頭痛が繰り返し起きることから「慢性頭痛」といわれています。その代表的なタイプとして「片頭痛」や「緊張型頭痛」があります。 「片頭痛」は、脳の血管が拡張し、神経...
難病等のその他疾患爪甲剥離症について
爪甲剥離症とは、爪が白色や黄色になり爪先から中心にかけて皮膚から離れてしまう症状です。 女性で悩まれている方の多い「二枚爪」も爪甲剥離症の一種と考えられています。  爪甲剥離症の原因としては、様々なものが挙げ...

ご予約はこちらから

ご予約・ご相談はこちらから
0354586060受付時間9:30~19:00 / 日曜・木曜定休(祝日は営業)