HOME逆子治療                         逆子の治療例はページ下部 ↓

 逆子治療   逆子には鍼灸治療がオススメです

逆子治療 鍼灸院


 逆子の状態になっている妊婦さんには以下の症状が多くみられます。
  ・お腹の張りが硬くなっている
  ・下半身に冷えがある
  ・下半身にむくみがある
 このような状態になっていると、胎児の動きが悪くなり、逆子の状態から回転しにくくなります。

 当院の逆子治療では、お灸だけでなく、鍼治療(経絡治療)も合わせて行い、妊婦さんの心身のバランスを整え、気血の巡りを良くしていきます。

 
鍼治療(経絡治療)により、冷えやむくみが改善され、胎児の動きが良くなり、回転しやすくなります。

 28週の定期健診で逆子と診断されたら、できるだけ早く鍼灸治療を受けられることをお勧めします。
(胎児が大きくなればなるほど回転しにくくなります。)

逆子治療 鍼灸院


  ※ 逆子の灸は、自宅でも行うことができます。
 できれば毎日行ったほうがいいので、自宅でのお灸のすえかたを指導いたします。 食事や入浴の前後30分以内は避け、リラックスして行ってください。




 逆子治療の治療例

  30歳 女性


 妊娠34週の検診で胎児が横位であることがわかり、その翌日、来院されました。今回は第3子目の出産で、1子目は帝王切開、2子目は自然分娩だったそうです。帝王切開、自然分娩、両方を経験されていて自然分娩の方が断然身体が楽だったので、できるだけ帝王切開を避けたいとのことでした。

 計2回の治療で依然横位ではあったのですが、胎児はグルグル動いて向きは変わっているようです。羊水が多めでお腹が張ることから、病院で安静にするように言われ、自宅で施灸していただくことになりました。

 その後、37週の検診で頭位に戻っていることがわかり、結局、予定日より17日早く、陣痛が始まってから3時間という超安産で出産され感謝のメールをいただきました。


  29歳 女性


 第2子目の出産
 妊娠31週目で来院
 妊娠28週目の時、検診でで逆子といわれる。
 (この方は第1子が自然妊娠で授かったものの、第2子がなかなかできず、当院にて治療され治療5回で妊娠された方です。)
 1回目
 お腹全体が柔らかく、羊水が多めとのこと。上半身が熱く、特に手がものすごく熱い。
 腎水経の変動とみて治療。
 2回目
 前回の治療の後、検診があり逆子が治っていることがわかったとのご報告をいただき、安産のための治療をさせていただきました。


  27歳 女性


 初産
 妊娠29週目で逆子といわれ、妊娠31週目に来院されました。
 1回目
 鍼治療は初めてで緊張気味。お腹の胎児はよく動き、治療前と後では、お腹の形が変わっていました。
 2回目
 「胎児はよく動くが、足で蹴られるのでお腹が張る。」
 この後、里帰り出産をされるとのことで、自宅での施灸を続けてもらうことにして当院での治療は終了。

「2回目の治療の4日後、病院の検診で逆子が正常に戻っていました!!」とお喜びのメールをいただきました。




 サルビア鍼灸院   ( 恵比寿駅から徒歩4分 )


   東京都渋谷区恵比寿西2−1−7  ミツワマンション902

     電話  : 03−5458−6060  (ご予約は3日前までにお願い致します。)

           フランス語での対応も可能です。


恵比寿の鍼灸院 サルビア鍼灸院


  鍼灸師(国家資格) 古田 あゆみ

   東洋はり医学会会員

     ・特技 : フランス語 (日常会話可能)
     ・同志社大学 文学部卒



  鍼灸師(国家資格) 古田 賢治

   東洋はり医学会会員

     ・特技 : コンピューターシステム開発
     ・九州大学 工学部卒


恵比寿の鍼灸院



完全予約制です。


ご予約は3日前までにお願い致します。

土曜日は混みあっておりますので、初めての方のご予約はできるだけ平日でお願い致します。

※急性の場合は、ご相談ください。

   03-5458-6060

  salvia@salviahariq.com

※メールで予約される場合は
 ・第1〜第3希望日時
 ・お名前
 ・電話番号
 ・症状
 をお知らせください。



ブログ





逆子治療のトップへ