緑内障

 
緑内障 サルビア鍼灸院
緑内障とは、何らかの原因で視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。
治療が遅れると失明することもあります。 日本では、糖尿病網膜症を抜いて失明原因の第1位となっています。

 症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は非常にゆっくりで、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。

 緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。

 かつては眼圧が高いことが原因と考えられていましたが、眼圧が正常範囲(10-21mmHg)の正常眼圧緑内障が緑内障全体の半分を占めており、眼圧と視神経の脆弱性が緑内障の原因として考えられています。

 しかし、眼圧は緑内障進行の最大の危険因子で、緑内障治療の基本は”
眼圧を下げることで視野障害の進行を止める”という方法がとられています。

※ 眼圧が30 %低下すると、正常眼圧緑内障患者の80 %において、視野障害の進行が停止したという報告もあります。

※ 正常眼圧緑内障の原因として、血液の循環障害が関与しているという説もあります。



 緑内障の脉診流経絡治療

緑内障 サルビア鍼灸院

 脉診流経絡治療で眼圧が低下します


 脉診流経絡治療は、副作用のない身体に自然な形で緑内障の進行を抑えることができます。

 脉診流経絡治療では身体の経絡のバランスを整え、全身の”気”の巡りを良くしていきます。 つまり、
全身の血液循環を改善することにより、眼圧が低下していきます

 ”気”の巡りを良くするにより、最終的には自然治癒力が高まり、悪い症状がなくなっていきます。 緑内障以外の症状(肩こり・頭痛や冷え症等)も改善されていきます。



 サルビア鍼灸院


  東京都渋谷区恵比寿西2-1-7  ミツワマンション902

  電話  : 03-5458-6060 


恵比寿の鍼灸院 サルビア鍼灸院


  鍼灸師(国家資格) 古田 あゆみ

   東洋はり医学会会員

     ・特技 : フランス語 (日常会話可能)
     ・同志社大学 文学部卒



  鍼灸師(国家資格) 古田 賢治

   東洋はり医学会会員

     ・特技 : コンピューターシステム開発
     ・九州大学 工学部卒



完全予約制です。


   03-5458-6060

  salvia@salviahariq.com

※メールで予約される場合は
 ・第1~第3希望日時
 ・お名前
 ・電話番号
 ・症状
 をお知らせください。



ブログ

















































サルビア鍼灸院のトップへ