HOME不妊治療妊娠率について

 不妊治療に鍼灸治療を取り入れると・・・

 米国生殖医療学会誌(2002年4月号)に掲載された報告

不妊治療 サルビア鍼灸院

















 体外受精の前後に鍼治療をすると、妊娠率が大幅に向上するという研究結果を、ドイツと中国の研究チームがまとめた。
 米生殖医療学会誌に掲載された報告によると、
体外受精を受ける女性160人を2つのグループに分け、一方に体外受精の際、受精卵を子宮に戻す前後に鍼治療を実施。 もう一方のグループには、鍼をせず通常の体外受精を行った。

 その結果、 鍼治療グループの妊娠率が42.5%に上がり、鍼治療をしなかったグループの26.3%を大幅に上回った

 体外受精の妊娠率は、高くても3割程度とされている。
妊娠率が向上する詳しい理由は分からないが、 同学会は「確実に検証されれば、妊娠率向上に役立つ手法になる可能性がある」と注目している。

                     ( 2002年4月30日 読売新聞より抜粋 )


 英国医師会誌「British Medical Journal(BMJ)」オンライン版での報告


 体外受精(IVF)を受ける女性が同時に鍼を受けると、妊娠の確率が65%高くなることが予備研究によって示され、英国医師会誌「British Medical Journal (BMJ)」オンライン版に2月7日掲載された。

 全カップルの約10〜15%が不妊に悩んでいるといい、体外で受精させた卵を子宮に移植する体外受精(IVF)を選ぶカップルも少なくない。鍼が体外受精(IVF)の成功率を高めるという証拠は、これまでにもいくつか示されていた。

 今回の研究は、米メリーランド大学のEric Manheimer氏らが、体外受精(IVF)を受けた女性1,366人を対象とする7試験について検討したもの。
 いずれの試験も、胚移植から1日以内に鍼を受けた女性と、疑似鍼を受けた女性または鍼を受けなかった女性とを比較していた。
 その結果、鍼を受けた女性は、そのほかの女性に比べて妊娠する確率が65%高かった

 米国鍼医学会(AAMA)元会長のMarshall H. Sager博士は、今回の結果は驚くには当たらず、 鍼の利用で体外受精(IVF)の成功率を上げてきた自分自身の経験がこの研究によって裏付けられたと述べている。体外受精(IVF)を受ける女性は、鍼により成功率を上げることができると述べている。

                   ( 2009年2月7日 HealthDay Newsより抜粋 )



 鍼灸による冷えやむくみなどの体質改善で西洋医学生殖医療の成功率を大幅にアップすることができます。



 西洋医学での不妊の原因


 病院で行っている不妊治療の流れ

恵比寿 サルビア鍼灸院   @ タイミング指導
  A 人工授精
  B 体外受精
  C 顕微授精





 サルビア鍼灸院   ( 恵比寿駅から徒歩4分 )


   東京都渋谷区恵比寿西2−1−7  ミツワマンション902

     電話  : 03−5458−6060  (ご予約は3日前までにお願い致します。)


恵比寿の鍼灸院



完全予約制です。


ご予約は3日前までにお願い致します。

土曜日は混みあっておりますので、初めての方のご予約はできるだけ平日でお願い致します。

※急性の場合は、ご相談ください。

   03-5458-6060

  salvia@salviahariq.com

※メールで予約される場合は
 ・第1〜第3希望日時
 ・お名前
 ・電話番号
 ・症状
 をお知らせください。




特定不妊治療の経済的負担軽減






ブログ









































サルビア鍼灸院のトップへ