HOME不妊治療顕微授精について

 顕微授精について

不妊治療 サルビア鍼灸院


 体外受精で受精しなかった場合は、次の段階として顕微授精を行います。
体外受精を行っても、精子の状態が悪ければ受精できません。よって、精子濃度や運動率が低い場合は、顕微授精を行います。


 体外受精との違いは、受精のプロセスです。
体外受精では卵子と精子を体外に取り出し、培養液の中で自然に受精させますが、顕微授精では細いピペットで1個の精子を卵子に注入します。

 但し、顕微授精で必ず受精するとは限りません。妊娠率は体外受精と同程度です。

 鍼灸による冷えやむくみなどの体質改善で西洋医学生殖医療の成功率を大幅にアップすることができます。



 西洋医学での不妊の原因


 病院で行っている不妊治療の流れ

恵比寿 サルビア鍼灸院   @ タイミング指導
  A 人工授精
  B 体外受精
  C 顕微授精


 体外受精の前後に鍼治療をすると、妊娠率が大幅に向上!!





 サルビア鍼灸院   ( 恵比寿駅から徒歩4分 )


   東京都渋谷区恵比寿西2−1−7  ミツワマンション902

     電話  : 03−5458−6060  (ご予約は3日前までにお願い致します。)


恵比寿の鍼灸院



完全予約制です。


ご予約は3日前までにお願い致します。

土曜日は混みあっておりますので、初めての方のご予約はできるだけ平日でお願い致します。

※急性の場合は、ご相談ください。

   03-5458-6060

  salvia@salviahariq.com

※メールで予約される場合は
 ・第1〜第3希望日時
 ・お名前
 ・電話番号
 ・症状
 をお知らせください。


特定不妊治療の経済的負担軽減




サルビア鍼灸院のトップへ